タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2012年05月31日

亀有香取神社での御祈祷の仕方

こんにちはッ神主のKです。



以下のお考えの方いらっしゃいますか?



子供が産まれて神社にお参りがしたい ⇒ お宮参り

今年(来年・去年)は厄年(前厄・後厄)だ ⇒ 厄払い

丈夫な子供が産まれますように ⇒ 安産祈願

間もなく家を建てます ⇒ 地鎮祭

新しく車を買いました(免許とりました) ⇒ 交通安全

うちの娘は今年で三歳(七歳) ⇒ 七五三

うちの息子は今年で三歳(五歳) ⇒ 七五三

千歳アメが食べたい ⇒ 七五三

etc...



上記のように御祈祷を考えているけど、どうすればいいのだろう…と思われる方は沢山いらっしゃいます(最後に良くあるQ&Aも御用意)

そこで今回は亀有香取神社で御祈祷を考えている方の、悩みを解消出来ればと思います。

当神社で御祈祷をする際に、事前に行っておくとスムーズに御祈祷を受けられる手順が2つあります。



それは、

手順1:亀有香取神社に電話(рO3−3601−1418)

手順2:御祈祷の内容御祈祷をしたい日時を言う

以上

(御祈願受付時間が9:00〜17:00で30分毎)

簡単に申しますと予約です。

当日買い物ついでに厄払いをお願いしたいという場合でも、直接社務所にて御祈祷のご案内が出来ますが、

祈願内容によっては10〜30分前後お待ちいただく場合がございますので、御予約の方がスムーズにご案内できます。



――予約例――

貴方:亀有香取神社(03-3601-1418)に電話

神社:<亀有香取神社でございます

貴方:<お宮参りの祈願をしたいのですが

神社:<ご希望の日時はお決まりですか?

貴方:<6月15日の10時30分です

神社:<はい、承りました

―――――――



以上が簡単な例になります。





〜ちょっと聞きにくい?よくあるQ&A〜



服装は?:スーツや着物に限らず私服などでも大丈夫です

持ち物は?:ありませんので手ぶらでお待ちしております

お金は?:初穂料(はつほりょう)が5000円〜お気持ちです(主に5000円)

初穂料何かに包んだ方が?:御負担が増えますので包まず裸で大丈夫です

体調(天候)が・・・:当日でもお電話頂ければ日時の変更が出来ます

作法がわかりません:神主がリードさせていただきますのでご安心を!

当日どうすれば?お時間の少し前に社務所へいらして下さい(改めて受付)

車で行きたい:駐車場があります(赤いコーンが立っていますのでその場所へ)

家族も一緒に?:ぜひ皆様でいらして下さい

お宮参りで子供が泣いちゃったら・・・:泣く子は育つ



以上が良くあるQ&Aでした

その他にも疑問が沢山あると思いますのでお気軽にお電話お待ちしております。


こちらでもブログを書いています。

亀有香取神社ブログ




posted by 香取神社 at 17:58| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

第1回・古事記@−はじめに

 こんにちは、神主H晴れです。
 日本最後の歴史書『古事記』が編纂されて今年で1300年といわれておりますが、皆様は古事記がどんなお話かご存知でしょうか。

 「神様がいっぱいで、ややこしいお話」「こむずかしい神話」なんて思ってはいませんか?

 確かに、神様はたくさん出てきますし、現代人からすればよく分からないこともあるかもしれません。ですが『古事記』はよくよく読むと、エロ・グロ・バイオレンス・ラブ・アクションと、大変読み応えのあるお話なのです。

 今回から『古事記』の内容を少しずつ、わかりやすく訳したものをご紹介していこうと思います。分かりやすさを重視する為、難しい事はなるべく省いて、尊敬語・謙譲語なども抜いてお話をしていきます。
 『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。
もしこのブログでストーリーに興味をもたれたなら、ご自分で原文を読んでみるのも面白いかもしれません。

 私もまだまだ勉強途中ではございますが、お付き合いいただけたら幸いです。

目次
---------------------------------------------------

 はじめは天と地の区別がなく、モヤモヤとしていた。やがて天と地とが始めて分かれた天地開闢〔てんちかいびゃく〕の時に、高天原に神様が現れました。
 宇宙の根源神の天之御中主(アメノミナカヌシ)神と、
次に天の生成の神高御産巣日(タカムスヒ)神と、
地の生成神神産巣日(カムムスヒ)神の三柱です。


 けれどこの三柱の神様は、皆単独の神(独身の神)で、姿形をあらわさなかった。(神様は『一人、二人』ではなく、『一柱、二柱』と呼びます)

 一般に「かみ」とは、古典に記載されている神々を始め、それを祀る神社にいる御霊を言います。また人に限らず、動植物や海山など、その他何であれ、尋常ならざる優れた能力がある、おそれかしこむべきものを言います。「優れた」とは、尊いことや善いこと、功業などが優れているというだけではありません。悪いもの、奇(あや)しいものなども、世に優れてかしこむべき存在は神と呼びました。



 次に国土がまだ若くて固まらず、水に浮いている油のような状態で、水母(くらげ)のように漂っているとき、
天を形成する葦のような生成の神、宇摩志阿斯詞備比古遲(ウマシアシカビヒコヂ)神と、
次に天を支える土台の神、天之常立(アメノトコタチ)神が生まれました。

この二柱の神も単独の神で、姿形をあらわしませんでした。
以上
天之御中主神
高御産巣日神
神産巣日神
宇摩志阿斯詞備比古遲神
天之常立神

の五柱の神は、神の中でも特別の神別天神)です。


補足
はじめのころは神様の名前の羅列で、ストーリー性はあまりありません。
ただ、ここに出てくる神様は後々他の神様を生んだりします。

また、
高御産巣日神は、律令時代(奈良時代頃)は天皇の寿命を守る神とされていました。
宇摩志阿斯詞備比古遲神は「葦の芽が泥沼の中から萌え出でるように」生まれたのですが、なぜ「葦」なのか? それは、葦の群生する湿地は水田に適した豊かな土地として好まれていたからなんです。ちなみに日本の別名のひとつが「葦原中国(あしはらのなかつくに)」と言います。

---------------------------------
次回は少しだけストーリーに動きが出てきます。皆さんの知っている神様も出てくるかもしれません。

それでは続きはまた次回
posted by 香取神社 at 16:57| 日本の神話 ―古事記編― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

メディア報告

こんにちは、神主Hでございます。

さて早速ですが…

『こち亀』と『東京スカイツリー』がタッグを組んだ増刊号「ヤングこち亀」に亀有香取神社を少し取り上げていただきました。


スカイツリー周辺の下町が舞台のお話16話が掲載されております。
ぜひ亀有香取神社を探してみて下さい。KOTIKAME.jpg
posted by 香取神社 at 18:50| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

5月6日は縁日です!

こんにちは、神主H晴れでございます。
先日もご報告いたしました『亀有楽座』を改めてご連絡いたします。

楽座の開催時刻は午前10時からです。
神楽殿でのヒーローショーなどの舞台は11時30分から開始いたします。

当日の境内は、ベビーカステラ・横手焼きそばなどを取り扱う「おやつ屋」さんや、
「南綾瀬小学校PTA」さんによるフリーマーケットが行われます。
またその他にも、
子供たちも楽しめるライブペインティング。
唐木細工職人の実演販売。
フィギュアやオリジナルTシャツの販売。
ガラス展示、ステンドグラスの展示販売。
三陸物産販売。
など、上記の他にも様々な催し物がございます。
境内の中で、可愛らしい猿回しなども行います。お買い物のついでに是非お立ち寄り下さい。

ぜひGW最終日は香取神社に遊びにいらしてください。
ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)
亀有経済新聞――『亀有香取神社で「亀有楽座」−「奉納ヒーローショー」も』
http://kameari.keizai.biz/headline/715/
posted by 香取神社 at 16:38| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする