タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2012年08月18日

こんにちは。巫女Mでございます。
朝夕の空気に少しずつ涼しさが感じられるようになりました。
少しずつ秋の足音が感じられるようになったこの頃ですが、境内の蝉は今日も元気に鳴いています。
蝉の幼虫が地中から出てきたときの跡なのでしょうか…境内にはいくつもの小さな穴が開いています。
まだ中に幼虫がいるかも…とこっそり穴を覗くのが最近の楽しみです黒ハート

亀有ではお昼の一時間ほど雨が降ったのですが、通り雨だったのか今ではすっかり晴れています!
濡れていた地面もあっという間に乾き、どれくらい陽射しが強いのかを感じさせられました。









posted by 香取神社 at 15:29| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

メディア情報

SPRING+SMART特別編集『すてきな東京ガイド』(宝島社)に亀有香取神社を紹介していただきました。
東京ガイド.jpg

寺社以外にも、雑貨や庭園、博物館など多岐に渡って紹介されています。
是非ご覧下さいませ。
posted by 香取神社 at 15:08| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

第6回・古事記A〜火の神様が……

こんにちは、神主のすおうです
本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回は神生みでしたので、今回はイザナミがいなくなった後のお話です。
目次
--------------------------------------------
イザナギ命「愛しい私の妻を、ただ一人の子に変えようとは思いもよらなかった」
イザナギ命は女神の枕元で泣き悲しみました。
するとその涙から、泣沢女(ナキサワメ)神(埴安の池の女神)という神様が生まれたのです。

そして、イザナギ命は、腰にあった十拳剣を抜いて、カグツチ神の首を斬りました。
するとその剣の先についた血が、神聖な岩の群れ(湯津石村
)に飛び散って、
『岩根さえも裂く剣の神』の石折(イハサク)神根折(ネサク)神
『硬い刀剣の男神』石筒之男(イハツツヲ)神が生まれました。
・カグツチではなく、飛び散った岩が「神聖」。

剣の元についた血も、岩に飛び散って、
『雷火の神』甕速日(ミカハヤヒ)神と、樋速日(ヒハヤヒ)神
『武神・雷神・剣神』の建御雷(タケミカヅチ)神で、[別名・建布都(タケフツ)神 / 豊布都(トヨフツ)神]
が生まれました。

剣の柄にたまった血が、指の間から漏れ流れて、
『峡谷の水の龍神』闇淤加美神(クラオカミノカミ)と、闇御津羽神(クラミツハノカミ)が生まれました。

・イハサク神〜クラミツハ神(計八神)は、御剣から生まれた神様です。
ここに出てくる神様は、後で再登場する神様が多いです。
また、タケミカヅチ神は亀有香取神社の御祭神の一柱です。

また殺されたカグツチ神から神様が生まれました。
頭……正鹿山津見(マサカヤマツミ)神
胸……淤縢山津見(オドヤマツミ)神
腹……奥山津見(オクヤマツミ)神
陰部……闇山津見(クラヤマツミ)神
左の手……志藝山津見(シギヤマツミ)神
右の手……羽山津見(ハヤマツミ)神
左の足……原山津見(ハラヤマツミ)神
右の足……戸山津見(トヤマツミ)神です。(すべて山の神)

ちなみに、イザナキ命が使った太刀の名は、
天之尾羽張(アメノオハバリ)[別名・伊都尾羽張(イツノヲハバリ)]といいます

--------------------------------------
生まれた神の多くが山の神様です。日本は言わずと知れた火山大国。火と山は意外と近いんですよね。
ちなみに、天之尾羽張(アメノオハバリ)は水の神です。

この話は、鉄鉱・岩石(石折神・根折神・石筒之男神)を、火力(甕速日神・樋速日神)で処理して、刀剣(建御雷神)を得ることを語っています。鍛冶には水(闇淤加美神・闇御津羽神)も使いますからね。

※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。
posted by 香取神社 at 17:08| 日本の神話 ―古事記編― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする