タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2013年01月28日

厄年と厄除け


間もなく一月も終わろうとしております。

早いですね…


こんにちは、けんたろーです。



亀有香取神社では厄年の方でなくても、厄除けを受け付けております。

御祈祷時間
9時00分〜17時00分にて30分ごと全17回行っております。

簡単に電話での予約も出来ます。
亀有香取神社
03−3601−1418


25年 厄年表.jpg


厄年(やくどし)

全国的に厄年(やくどし)は、数え年で男性25歳42歳61歳女性が19歳33歳37歳を言い、
これらの年齢を、体力的にあるいは家庭環境的に転機にあたる災厄の多い年と考え、忌慎んでいます。
男性42歳と女性33歳を大厄(たいやく)として特に意識することが多いです。
※異なる年齢を考えている所もあります

厄年には社寺(しゃじ)に参詣(さんけい)して厄払いをしてもらうほか、
親戚知己(しんせきちき)を招いて共同飲食をしたり、他人にものを分かち与えて、厄を逃れようとします。
ここにも、神の加護と人々の協力によって生命を強化し、危機的状況に置かれていると考える厄年の人が、
共食によって多くの人々の霊的力を獲得し危機を乗り切ろうという考えもあります。
これには、人を招いて馳走する場合と、1月15日小正月(こしょうがつ)などに他家を訪れて、
餅などを貰い歩く場合とがあります。
物の分配は、自分の身につけている物や餅や銭などを、神社や道の辻や橋際などで撒いたり、
人知れず落として置いたりして、他の人に拾ってもらい、わが身の厄を分散しようという考えです。

また、厄年には、災厄の多い年という意味ではなく、
神事に積極的に参加するための役、をつとめる年だとする説もあります。



〜追伸〜

さて、今回は簡単に厄年についての一説をあげてみました。
意識なくいつの間にか厄年を過ぎていたりすることもありますね。
厄払いだけでなくお守りを受けていく方も多くいらっしゃいます。
皆様の良い運気のきっかけになればと思い神社神主巫女一同奉仕しております。

一番は何事もなく、只々日々を過ごせることに感謝です。



かしこみかしこみ。



posted by 香取神社 at 13:37| 神社所作と知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

謹賀新年

遅くなりましたが…
皆様、新年あけましておめでとうございます。

巫女Yでございます(^^)
久しぶりのブログ登場です。
今年はもう少し頻繁に書けたら…と思います(笑)

本年も亀有香取神社をどうぞよろしくお願い致します。



さてさて、ブログを書いていない間も香取神社ではいろいろな変化がありました。

巫女Mさんの卒業、そして新しい巫女Kさん、年末には新しい御守もいくつかできたり…
新しい御守については追々ブログにて紹介したいと思いますぴかぴか(新しい)


そして今年も大晦日から多くの参拝者の方にお参りいただき、授与所、御焚き上げ所、神輿協議会の振舞いおしること賑やかな年明けでした。
怒涛のはやさで時間が過ぎで行き、気づけば平成25年になって早2週間。

皆様にとって今年も素晴らしい年になりますよう、心からお祈り申し上げます。
posted by 香取神社 at 11:16| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。