タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2013年04月29日

神主の気まぐれアングル 十五拍手目



連日素敵な気候ですね。



こんにちは、けんたろーです。







今日の気まぐれアングル第十五回目(今日は四枚)

社殿

先日と同じアングル。











社殿まわり

今日は子供たちが遊んでいました。









参道と手水

こちらは男子グループ。











参道とアリオ

アリオと参道。









連日の気候のよさに皆様お散歩コースの様子でした。



気が向いたときに参拝お待ちしております。







かしこみかしこみ。





posted by 香取神社 at 15:29| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

神主の気まぐれアングル 十四拍手目




今日は一日晴れ模様との予報ですね。



気候もすばらしい一日です。





こんにちは、けんたろーです。







今日の気まぐれアングル第十四回目(今日は一枚)

午前中の境内

午前中に撮影した境内の様子。







動くと軽く汗ばむ陽気ですね。



寒くならないことを願っております。





かしこみかしこみ。



posted by 香取神社 at 14:20| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

神主の気まぐれアングル 十三拍手目



ほど良い気候。





こんにちは、けんたろーです。









今日の気まぐれアングル第十三回目(今日は四枚)




こいのぼり

鯉のぼりが泳ぎ始めました。













角度を変えて撮影。

しおやき

角度を変えただけで鮎の塩焼きに見えてきました。















みどり

屋根も樹木もいい緑。













みどり

角度を変えて撮影。







角度などを変えるだけで見方がガラっと変わりますね。









今日は予報では午後に雨だとか。



天気も気まぐれですね。







かしこみかしこみ。




posted by 香取神社 at 10:40| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

神主の気まぐれアングル 十二拍手目



先日の寒さに比べれば雨でも暖かく感じますね。



こんにちは、けんたろーです。







今日の気まぐれアングル第十二回目(今日は一枚)



前回の十一回目が雨上がりの写真だったので、





温室シャッター

今回は境内の雨降り始め。









角度は違いますが、前回と写っている場所は同じです。

雨上がり〜など一枚の写真での表現が難しいですね。





かしこみかしこみ。


posted by 香取神社 at 14:48| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

神主の気まぐれアングル 十一拍手目




ただ雨が降っているだけでなく、

薄着でいると風邪をひくくらい寒い一日でした。



こんにちは、けんたろーです。







雨上がりの今日の気まぐれアングル第十一回目(今日は四枚)





なんと地面が黄色。

秋?









境内の銀杏(いちょう)が紅葉を始めたわけではなく、

いちょうのはな


銀杏の花でした。

どちらにせよ銀杏が関係しておりましたが。











つつじ

白ベースのツツジも綺麗ですね。








つつじ

現在、境内に咲いております。

参拝のついで、買い物のついでにお時間がありましたらご覧ください。











晴れた日もよいですが、雨上がりの境内も素晴らしいと感じます。





かしこみかしこみ。

posted by 香取神社 at 18:39| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

第13回・古事記C〜誓約の結果

こんにちは、神主のすおうです
本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回は誓約のお話でしたので、今回もその続きのお話です。
--------------------------------------------

スサノオはアマテラスの玉の緒をかみ砕き、吐き出す息の霧から五柱の男神が生まれた。
左の角髪に巻いている玉の緒……天忍穂耳(アメノオシホミミ)命
右の角髪に巻いている玉の緒……天穂日(アメノホヒ)命
御鬘に巻いている玉の緒……天津日子根(アマツヒコネ)命
左手に巻いている玉の緒……活津日子根(イクツヒコネ)命
右手に巻いている玉の緒……熊野久須毘(クマノクスビ)命
合わせて五柱の神です。
・いわゆる五皇子誕生のくだり。天孫ニニギのお父さんの誕生です。
・天忍穂耳(アメノオシホミミ)命の正式な名称は、
正哉吾勝勝速日天忍穂耳神(マサカアカツカツハヤヒアメノオシホミミ)
意味は「正に吾勝てり。日が昇るように素早く勝てり」ということです。
皇室の御祖先と伝えられています。

そこで天照大御神は、須佐之男命に言った。
「五柱の男の子は、私の玉を種として生まれた神だからだから当然私の子です。
三柱の女の子は、あなたの剣を種として生まれた神だからだからつまりあなたの子です」
と区別した。

・宗像大社の神領である沖ノ島は島全体が御神体とされています。長女を祭る沖つ宮が鎮座しています。
昔に納められたものがそのままの姿で多く保管されておる、「海の正倉院」とあだ名される貴重な神社。

そこでスサノオが、アマテラスに、
「私の心が潔白で明るい証拠として、私の生んだ子は優しい女の子でした。なので私が誓約に勝ったのです」と言った。

・男の子と女の子、どちらが生まれれば勝ちなのでしょうか。
はっきりとは明記されていませんが、話の流れでいえば女の子が勝ちの条件だったのですかね?
日本書紀では、反対に男の子がスサノオの潔白を証明することとなっています。
そもそも何故誓約をすることになったのか。皆様覚えてますでしょうか?
スサノオが心の清らかさを証明するためにはじめたのですよ。

スサノオは勝ちに乗じて
アマテラスの耕作する他のあぜを壊し、
田に水を引く溝を生め、
またアマテラスが祭りの新穀を召し上がる神殿に、糞をひり散らかして穢した。
けれど、アマテラスはこれを咎めないで「あの糞のように見えるのは、酒によって反吐を吐いてしまったのだろう。また他のあぜを壊したり、溝を埋めたりするのは、土地をもったいないと思って、あのようなことをしたのであろう」と、良いように解釈された。
けれど、スサノオの乱暴なふるまいはやむことなく、ますます激しくなった。

・心の清らかさを証明した後の乱行。明らかに、流れから類推するにおかしな展開です。
ここに謎を感じる古事記学者は多々おられまして、その学説も多種多様です。
で、誓約に勝ったスサノヲの狼藉が始まります。
母親に会うため、旅に出るから一言挨拶に来たはずでしたよね? なぜ行かないんでしょうか。
しかも神殿で「糞」って。なんともアウトローな感じです。
・弟の不作法を好意的に解釈ようとするアマテラス。
ちょっと前まで勘違いで武装して殺す気満々だったのに、同一人物に見えません。
早とちりを恥じたが故の反省なのでしょうか。だとしたら少し人間味があって面白いです。


※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。
posted by 香取神社 at 09:00| 日本の神話 ―古事記編― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

神主の気まぐれアングル 十拍手目



一昨日や昨日は半袖で過ごせる気候でしたが、

今日は肌寒く感じますね。

流石季節の変わり目。



こんにちは、けんたろーです。






さて、今回で気まぐれアングル10回目。



本日は二枚。

DSC_0005.JPG

神社控室に御香を設置しました。



ふと、今日の一枚を撮っていて感じました。





接近した撮影のセンスの無さに…

撮影する際は被写体を画面中央から外して〜というのを耳にしたことがあります。




こんな感じか、

DSC_0011.JPG

新・勝ち守り(黒)



・・・あざと過ぎでしょうか。

背景も大事ですね。




写り方で物の印象はガラッと変わりますね。

少しでも美しく、よい印象を与える一枚を生み出せるようになりたいものです。




かしこみかしこみ。




posted by 香取神社 at 10:36| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

神主の気まぐれアングル 九拍手目



本日は御日柄もよく…



こんにちは、けんたろーです。




今日の気まぐれアングル第九回(一枚)

DSC_0002.JPG
足腰健康
〜道祖神社〜




本日は「ゆうゆう散歩観たよ!」というお声を沢山頂きました。

近くに住む氏子さん、遠方に住む方も。

という私も観ておりましたが。

同じ情報源(TVやらラジオやら新聞やら)を観て聞いて、

様々な方と共通点が出来ると不思議と嬉しいものですね。


posted by 香取神社 at 17:13| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

神主の気まぐれアングル 八拍手目



風も穏やかで暖かい一日でした。


こんにちは、けんたろーです。




今日の気まぐれアングル第八回(今日は一枚)

DSC_0050.JPG

色を強く出しながら撮影




今日は午前中に「若大将のゆうゆう散歩」で亀有の町が紹介されておりました。

亀有香取神社で若大将がお参りをしていきました。

皆様はご覧になりましたか?



明日も良い一日になりますように。



posted by 香取神社 at 17:12| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

メディア情報 ゆうゆう散歩亀有編

明日15日(月)午前9:55〜より若大将のゆうゆう散歩亀有編が放送されるそうです。

先日当社にも加山雄三さんが亀有散歩の際にお立ち寄りいただきました。

亀有のあの場所この場所が映るかも??

是非ご覧下さい!

テレビ朝日 「若大将のゆうゆう散歩」

平成25年4月15日午前9:55〜

posted by 香取神社 at 17:09| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

亀有香取神社 骨董市 のご案内



亀有香取神社骨董市

開催日時:毎月第2土曜日
(9月、10月、11月、1月、2月は神社神事の為、お休みとなります。)

開催時間:早朝より午後3時頃まで



骨董市


骨董市


骨董市


骨董市


骨董市


骨董市

ゆっくりした時間が流れていきました。

毎月第2土曜日開催しております。

次回は5月11日です。




posted by 香取神社 at 15:36| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

神主の気まぐれアングル 六拍手目


昨日、今日と晴れているのに寒いですね。


こんにちは、けんたろーです。




今日の気まぐれアングル第六回目(今日は一枚と??)


青と緑


少し目線を上げてみると、綺麗なコントラストでした。







おまけ

ほぼ同じ場所で撮影です。

青と緑







水色と緑



シャッタースピードなど撮り方を変えるだけで雰囲気が違って見えますね。



現実よりも美しく映る場合がある写真。

過去の風景を固定できる技術は、改めて素晴らしいと感じております。


感謝感謝。

posted by 香取神社 at 11:21| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

亀有香取神社控室



本日は亀有香取神社の、家族皆様の待合の場所、御宮参りや七五三による着物の直し、
または授乳やオムツかえ等、さまざまな用途にご利用できる「控室のご案内」です。



御祈願受付やお守りの授与がココで行われております。

授与所

「授与所(じゅよしょ)、社務所(しゃむしょ)」と言ったりします。




社務所の左側が控室入口になります。

控室入口




中に入りますと椅子や机があります(第一控室)

第一控室



さらに奥には座敷の控室が二つあります

第二控室



第三控室



神社のお祭りや七五三の季節になりますと、非常に混み合う為に一部の出入りが出来なくなります。
ご理解ご了承お願い申し上げます。


御祈願予約や御質問がありましたら季節により前後しますが、
「9:00〜18:00」
рO3‐3601‐1418

までお気軽にお電話ください。


posted by 香取神社 at 12:02| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

第12回・古事記C〜誓約(うけい)

こんにちは、神主のすおうです
本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回はスサノオのお話でしたので、今回は二神の誓約産みのお話です。
--------------------------------------------

国に来た理由を聞かれたので、スサノオは、
「私は邪心を抱いてはいません。
大御神が、私が泣きわめく理由を尋ねたので、
亡き母のいる国に行きたいから、と答えました。
すると大御神が、お前はこの国に住んではならない、と私を追放なさいました。
それで、母の国に参ります事情を申し上げようと思って、参上しただけです。
謀反の心など抱いてはおりません」と答えた。

・スサノヲに邪なる思いは本当にないのでしょう。
なので、このあたりの記述は大和朝廷は出雲に何か思うところがあるのだろうか? と感じてしまいます。

アマテラス「けれど、そのことをどうやって証明するのです」
スサノオ「それぞれ誓約(ウケイ)をして子を生みましょう」
こうして二神が天の安河をはさんで、それぞれ誓約をした。

誓約(ウケイ)は神に誓って神意を伺う儀式。いろんなやり方があり、夢が多く使われます。ここでは生まれた子によって神意を伺っています。

まず、アマテラスがスサノオの帯びている十拳剣を受け取って、これを三つに折り、
玉の緒がゆれて玉が音を立てながら、神聖な水に振り濯いで、
これを噛みに噛んで砕き、吐き出す息の霧から
多紀理毘売(タキリビメ)命、【別名・奥津島比売(オキツシマヒメ)命】、
次に市寸島比売(イチキシマヒメ)命、【別名・狭依毘売(サヨリビメ)命】、
次に多岐都比売(タキツヒメ)命が生まれた。

・刃物を三つに折って、口の中で噛み砕くアマテラス。こわいです。
そしてよく議論されるシーンです。
宗像三女神を生んだのは天照ですが、これが一悶着起こします。

※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。
posted by 香取神社 at 09:00| 日本の神話 ―古事記編― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

今週末土曜日は骨董市です

今週末、4月13日(土)に第2回亀有香取神社骨董市を開催いたします。

早朝より夕方まで開催しておりますので、境内の新緑の下で宝探しをしてみてはいかがでしょうか?

__.JPG

★亀有香取神社 骨董市★

開催日時:平成25年4月13日(土)早朝より夕方まで

雨天の場合は主催者の判断によりますので、下記までお問い合わせ下さい。

主催:株式会社骨董市(事務所) 03-5983-5101

posted by 香取神社 at 08:00| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

神主の気まぐれアングル 五拍手目


今日は気候も天候もよく過ごしやすい一日でしたね。


こんにちは、けんたろーです。



今日の気まぐれアングル第五回(二枚)


夕方の風景になります。


夕方しゃでん






夕方こま




明日もよい一日でありますように。


posted by 香取神社 at 18:15| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メディア情報

観光や旅情報雑誌で有名な「るるぶ」さんの東京観光スポット紹介本で当社が紹介されております。

9784533089985.jpg
JTBパブリッシング 「るるぶ東京’14」

掲載依頼があったのを忘れておりまして、先日たまたま偶然ですが個人的に購入して当社が紹介されているのを見て思い出しました。

東京のメジャーなスポットからディープなスポットまで、都内在住でも知らなかった面白いスポットが紹介されており大変参考になる面白い本です。

ゴールデンウィークにのご計画に是非ご参考ください!

posted by 香取神社 at 12:28| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

神主の気まぐれアングル 四拍手目



暖かくいい天気ですね。

強風を除けば・・・・


こんにちは、けんたろーです。



境内の樹木が風をうけて強くなびいております。





今日の気まぐれアングル第四回(四枚)


境内


吹っ飛ぶコーン、戻す神主。






掃き掃除


掃除をする巫女、すぐ積もる落ち葉。






青空


ご覧いただけただろうか、奥の樹木を。
ヒント:傾き




境内に咲いてます





普段強風が吹くと砂塵がすごいですが、昨日に雨が降ったせいか砂は舞わず、
風が心地よく感じます。




かしこみかしこみ。

posted by 香取神社 at 11:34| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

神主の気まぐれアングル 三拍手目


予報では午後は大荒れだそうですね。

こんにちは、けんたろーです。



境内が荒れる前に今日の気まぐれアングル第三回(とりあえず一枚)

DSC_0003.JPG



だいぶ風がでております。
さて、午後はいかがな事になるか・・・




以下、追記(16:35)

そして午後

DSC_0001.JPG


雨が降ってきましたが、ほぼ無風。

嵐の前の〜という事でしょうか?


それではまた。



posted by 香取神社 at 16:37| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

神主の気まぐれアングル 二拍手目


暖かい陽気ですね。

こんにちは、けんたろーです。



第二回気まぐれアングル(今日も三枚)

DSC_撫でガメ左.JPG








DSC_撫でガメ右.JPG








DSC_お祈り.JPG




一枚目と二枚目は「撫でカメさん」として人気急上昇中のカメさんです。
(日々によって立ち位置が変わっている不思議亀でもあります・・・・・はて?)
神社に参拝された際に、どうぞ撫でてみてください。



さて、明日の天気は少し荒れると予報が出ていますね。
怪我無く過ごせますようお祈り申し上げます。


かしこみかしこみ。



posted by 香取神社 at 13:09| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

今日の亀有香取神社さん 一拍手目


こんにちは、けんたろーです。

午前中は雨風が強く境内(けいだい)が荒れていました。
夕方になり雨は止みましたが、風が吹いている状態です。


さて、気まぐれ更新ではございますが、亀有香取神社の様子をUPしていこうと思います。

私自身のカメラの撮影テクニック向上も含め、「直感気まぐれの半々」で神社内を撮っていきます。

最低限のルールとして、その日に撮った写真をUPする
過去に撮りためた写真を日々にわけてUPではなく、今日その日の撮りたての写真を上げていきます。
日本は四季が美しく、境内には四季を感じさせやすい樹木が沢山あります。
少しでも過去の写真と比べて変化が観れるといいですね。
(気まぐれなので樹木が毎回写るとは限りませんが・・・)


早速の気まぐれアングル(今日は三枚)

DSC_0003.JPG



DSC_0005.JPG



DSC_0007.JPG




いかがでしょうか?

祈念すべき一枚目は神社の主である御社殿を写すと思われるでしょうが・・・・
(撮影した順番は見事に上から1,2,3枚連続です)
私の気まぐれは具合がお分かりいただけましたでしょうか。

暇な時間に思い出したようにブログを開いてみてください。
もしかすると更新されているかもしれません。


今日も健康第一。
posted by 香取神社 at 17:40| 神社所作と知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

メディア情報


早くも新年度になりましたね。
まだ寒い日が続いてますが、少しずつ平均気温が上がってきております。

さて、それでは当社を取り上げていただきました雑誌をご紹介いたします。

「かわいい東京女子ガイド」

かわいい東京女子ガイド

とてもおしゃれな内容となっており、東京SPOTの一つとして当社が記載されております。



体調の崩しやすい季節なため、お体お気を付け下さい。
posted by 香取神社 at 15:30| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●安産祈願、戌の日って?

安産祈願絵馬.JPG


今日は戌の日(いぬのひ)。

こんにちは、けんたろーです。

よく耳にするかと思われます「戌の日(いぬのひ)」


安産祈願(あんざんきがん)」は妊娠五ヶ月目の「戌の日(いぬのひ)」に、ご自身がお住まいの地域の神さま「氏神様(うじがみさま)」へと、母子共に安らかで健やかなお産でありますよう祈願します。
また「着帯の祝い(ちゃくたいのいわい)」として「岩田帯(いわたおび)」という「腹帯(ふくたい:はらおび)」をお腹に巻いてお祝いをします。

また「戌」は日ごとの十二支で戌にあたる日を戌の日とされています。
では何故戌の日を選ぶ風習になったのでしょうか?
それは犬のお産が極めて軽く、一度にたくさんの子供を産むことにあやかっているのです。
また岩田帯(腹帯)を巻くのは、母体を冷えから守り大きくなったお腹と胎児を保護します。
しかし現在においては様々な形の帯、ガードルなどがありますのでご自身に合ったものをお使い頂くのが肝要です。
なので当社で授与致します岩田帯は、どうぞ御守代わりとして無事お産が済みますまで大切にご自宅にてお持ち下さい。
まずは氏神さまのご加護を頂いて子宝に恵まれたことに感謝し、またお授かりになったお子様が健やかにお生まれになるようお参りをしましょう。
どんなに医療が発達した現代においても、妊娠中、出産はママの負担は大きいものです。
今も昔も親が授かったお子様への愛情というものは変わるものではありません。



どうぞ心身共に安らかで健やかなお産をお迎え下さい。



かしこみかしこみ。

posted by 香取神社 at 09:36| 神社所作と知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

第11回・古事記C〜スサノオ

こんにちは、神主のすおうです
本日も古事記の現代語訳を進めていきます。
前回はメジャーな神様誕生のお話でしたので、今回は須佐之男命のお話です。
--------------------------------------------

こうして、それぞれは父の言葉に従ったけれど、須佐之男命だけは、委任された国を治めずに、
長い顎鬚が胸元に届くようになるまで、長い間泣き喚いていた。

・その激しく泣く有様は、青々とした山が、枯れ木の山のようになるまで泣き枯らし、川や海の水は、すっかり泣き干してしまうほどであったそうです。

そのために、あらゆる悪霊の禍が一斉に発生した。
そこでイザナギ大御神が、スサノオに尋ねた。
イザナギ命「どうしてあなたは国を治めないで、泣き喚いているのです」
スサノオ「私は亡き母のいる根堅州國(ねのかたすくに)に行きたくて、泣いているのです」と答えた。
そうしたらイザナギ大御神はひどく怒って、
「それならば、あなたはこの国に住んではならない」と言って、スサノオを追放してしまった。

・いまだ見ぬ母に会いたいと願うのも道理ですが、迷惑ですね。
しかしこの「あらゆる悪霊の禍が一斉に発生」はワザとではないのです。
この時期政権を持っていた大和朝廷のライバル出雲の始祖的存在であるスサノヲ。
この描写はワザとなのかどうなのか、考えて解釈する必要があります。

そこでスサノオは、「じゃあアマテラスに事情を話してから、根の国に行こう」と思った。
けれど、天に上ってゆくとき、山や川がことごとく鳴動し、国土がすべて振動したので、アマテラスは驚いた。
アマテラス「スサノオが上って来るのは、きっと善良な心からではあるまい。私の国を奪おうとしているに違いない」
と考えて、

ただちに御髪を解いて角髪に束ね、
左右の御角髪にも御鬘にも、左右の御手にも、たくさんの勾玉を貫き通した長い珠の緒を巻きつけ、
背には千本もの矢の入るゆぎを背負い、
わき腹には五百本もの矢の入るゆぎをつけ、
また肘には威勢のよい高鳴りのする鞆をお付けになり、
弓を振り立てて、堅い地面を股まで没するほど踏み込み、
泡雪のように土を蹴散らかして雄雄しく勇ましい態度で待ち受け、
「どういうわけで上って来たのか」と問いかけた。

・ここまで細かく描写があるのは古事記では珍しいので省かずに載せました。ヤル気満々です。
身だしなみも整えず、父の言うことも聞かず、周囲に迷惑をかけているスサノオは、真面目に言いつけを守っているアマテラスから見たらたいそうな不良に見えたのでしょう。

・一言挨拶しに来ただけなのに、この武装準備。真面目っ子が不良を恐がるのはわかりますが証拠も無いのにやりすぎとは思います。
大体、この段階ではまだスサノヲはそんなに嫌われるほど禍々しい神ではありません。

※古事記の現代語訳と銘打ってはいますが、『古事記』は様々な解釈・考察がなされている作品です。このブログでご紹介するお話はあくまでも一説でございます。
posted by 香取神社 at 09:00| 日本の神話 ―古事記編― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。