タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2016年06月30日

7月の吉日

【7月の吉日】
平成28年7月の大安と戌の日カレンダーです。

H28.7.png

平成28年7月の大安は、
9日(土)
15日(金)+戌の日
21日(木)
27日(水)+戌の日
です。

平成28年7月の戌の日は、
3日(日)
15日(金)+大安
27日(水)+大安
です。

【Q&A】
【Q】仏滅の日にお祓いしても大丈夫なの?
【A】まったく問題ありません。
「なるべく良いお日柄にお祓いをしたい」と誰もが思うものです。
ですが六曜(大安・仏滅など)は、神道とあまり関係がありません。
お気になさらなくて大丈夫です。

もちろん、ご自身で大安の日を選んでお祓いをしても大丈夫です。
ですが「仏滅だから悪いことが起きる」「仏滅の日にお祓いをしてはいけない」ということはありません。
(安産祈願も常時承っており、戌の日に絶対に行わなければならないという事はありません)
家族の都合や「何よりも体調」を優先して御参り下さい。

亀有香取神社では予約無しでも受付をしております。
しかしタイミングによってはお待ちいただく事もありますので、お時間がお決まりでしたら電話での予約をオススメしております。
【03-3601-1418】亀有香取神社社務所(9:00〜18:00)


【神社Facebookにて境内イベントの写真を随時更新中】
↓↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook
↑↑↑↑↑↑↑↑
posted by 香取神社 at 09:35| 吉日一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

明日は夏越大祓

明日、6月30日は「夏越大祓」です。
(15時斎行予定)
H.25茅の輪.JPG
無病息災を祈る神事です。

大祓式は形代と云われる人の形をした紙に自分又は家族の氏名と年齢を書きいれ、自らの身代わりとして大祓式当日に祓い清められます。
15時斎行予定ですが、15時を過ぎても形代をお預りしていますのでどうぞお持ち下さい。

茅の輪くぐりのくぐり方は健康を祈念しながら1度くぐるだけでも結構ですが、正式には[左回り→右回り→左回り] と8の字に3度くぐる、とされています。

当神社の茅の輪くぐり神事は、例年8月のお盆頃まで設置しております。
この神事をもっていよいよ夏本番を迎えますが、茅の輪をくぐり心身共に清らかなお気持ちでご参拝下さい。


また、一週間後には七夕祭を予定しています。
P1010910.JPG
境内に設置された笹に皆さんの想いや願いを込めた短冊を結んで頂き、
七夕7月7日午後7時に神主が短冊に込められた願いが叶うよう祈願祭を行います。
短冊は、皆さんが持参したものを自由に結んでいただいて構いませんし、社務所にて紐の丈夫な短冊を100円で頒布しております。
もちろん皆様で持参された飾りもご自由にお結び頂いて結構ですので、是非ご自宅でお子様と作られて結びにおいで下さい!
(雨風により落下してしまった短冊やお飾りは、再度結べる物は結び、結べないと判断した物は社務所にて引き取らせて保管させて頂きます。)
posted by 香取神社 at 13:18| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

限定ご朱印

7/1〜7/7までの間、期間限定で七夕のご朱印を社務所でお渡しします。

DSC_7599.jpg

通常のご朱印は帳面に直接書き入れておりますが、
こちらの限定ご朱印は書置きのみのご対応となっておりますのでご了承ください。

またこの限定ご朱印に限らず、ご朱印は参拝の証でございますので郵送は承っておりません。
皆様のお参りをお待ち申し上げております。
posted by 香取神社 at 10:32| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

手水のお話

今日は梅雨の晴れ間になり、大変暑い日なので熱中症にはお気を付け下さい。

さて、神社に参拝すると参道のすぐそばに必ずといっていいほど、水をため、手を洗う場所があります。この施設を手水舎(てみずしゃ)と呼びます。
 手水舎ではまず、柄杓を取り、左手、右手、口をすすぎ最後にもう一度左手を水で流します。口をすすぐ際には柄杓から左手に水を溜めて行います。柄杓から直接口に水を含むのはいけませんので、気をつけましょう。
手水.JPG
posted by 香取神社 at 14:31| 神社所作と知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

五色の短冊

こんにちは。
昨日の曇天とまた打って変わり、本日は大変日差しの強い一日となっております。
お出かけの際は水分と塩分を補給し、熱中症などにお気を付け下さい!

さて先日20日、当社境内に笹が茅の輪と共に設置されました。
神社社務所にて青、紫、黄、黄緑、橙の短冊を100円で頒布しております。
(加えてこの時期祈願を受けられた方には、
上記のお色味から好みのものを選んでいただき、お持ちいただいています。)

DSC_7432.jpg

また写真左下、写真に吊り下げられているお知らせの通り、
当社から頒布する短冊以外、お家で作った飾りや短冊も、ご自由にお結びいただけます!

七夕に向けて当社の笹を、自慢の飾りや、願いを込めた短冊で彩ってみませんか?
posted by 香取神社 at 14:02| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

涼しさを阻むモノ

ようやく梅雨らしい天気が続くようになったこの頃です。
本日は湿度が高いうえに気温も高く、とても蒸し暑く感じられます。
この蒸し暑さを体感すると、日本の夏だなぁという気がしますね。
ところで、神職の格好は厳しい日本の夏の暑さのなかにあってどのような着心地なのか?
という疑問をお持ちの方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれないので、そのお話をします。

着物というのは日本の気候に沿うような造りになっているはずだから、夏も涼しいのでは?と思うかもしれませんが……
ずばり、暑いです!!
確かに、袂(たもと)がゆったりと開いているので、そこを風が吹き抜けた時などは若干涼しく感じますね。
しかし、涼しさを感じることを根本的に阻む存在があるのです。それは……袴です!
浴衣や着流しであれば涼しいのでしょうが……
厚手の素材で背中から腰のあたりをぎゅっと締めて、そこから下を覆ってしまうのですからそれはそれは暑いです。
代わりに襦袢や衣を麻などの夏用素材に変えるというささやかな努力をするのですが、大差はありません。。。

ちなみに袴は、勤続年数や実績で色や紋様が異なるほか、男性神職・女性神職・巫女とで形状や結び方も異なっています。
本日は袴の豆知識でした。
posted by 香取神社 at 17:18| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

ご祈祷の記念品〜お宮参り〜

当亀有香取神社では安産祈願やお宮参り、厄除祈願等の人生儀礼のご祈祷を行っております。その際にご祈祷を受けられた記念としてお祝いの品をご用意しております。今回はその中から、お宮参りの記念の品をご紹介します。
お宮参りの記念品は、お菓子、壺型の御守、絵馬、よだれかけ、車に貼るステッカーの計5つを合せたセットになっております。
お宮参りセット.jpg
特にこの中でもよだれかけとステッカーは好評で、ご祈祷を受けられていない方でも欲しいという声を聞きますが、申し訳ありませんが絵馬以外の品はご祈祷を受けられた方のみのお渡しとさせて頂いております。
ぜひお宮参りをお受けになり、お子様がお生まれになったことを神様に感謝、ご奉告を行い、更なる成長をご祈願して頂きたいと思います。
当社では特別な行事の時以外常時ご祈祷の受付を行っております。何かご不明な点がございましたら、当社のHPをご覧頂くか、直接お電話下さい。

亀有香取神社HP
http://kameari-katorijinja.com/
電話番号
03-3601-1418
posted by 香取神社 at 11:44| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

【6月30日(木)は夏越大祓】

夏越大祓まで、あと1週間です。

アリオ側鳥居に茅の輪が設置されています。
H.25茅の輪.JPG

例年の通り、6月30日15時より夏越大祓式を斎行します。

「夏越・年越の大祓」及び「茅の輪くぐり」は古来より行われており、私達が日頃しらずしらずの内におかしたり憑いたりした心身の罪やけがれ・禍(わざわい)を「人形(形代。人の形をした紙)に移してわが身の代わりに祓い清め、新年を清らかな心身で迎える神事です。
形代は、5枚1組100円で社務所にて頒布しております。

DSC_7254.JPG
当日までに「人形(ひとがた)」にご家族の名前と年齢を書き、この箱にお入れ下さい。
神主が「人形(ひとがた)」を身代わりとして祓い清め致します。

「人形(ひとがた)」を入れる箱はすでに境内に設置しておりますので、当日いらっしゃることが難しい方は事前にこの箱に形代をお入れ下さい。
posted by 香取神社 at 16:18| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

七夕まであと2週間

七夕まであと2週間となりました。

7月7日の19時より、七夕祭を斎行します。
皆様が結んだ短冊をお祓いお清めを致します。

当神社では6月20日から境内に笹竹を設置しております。
社頭で短冊を100円でお渡ししておりますが、持参した短冊や飾りを付けていただいても大丈夫です。
是非お越しください。

【よく間違われやすい七夕伝説について】
174730.png
よく織姫と彦星の関係を「恋人同士」と勘違いしていらっしゃる方が多いですが、彼らは「夫婦」です。
夫婦である織姫と彦星が、それぞれの仕事である機織りと牛飼いを怠けてしまった為、織姫の父親である天帝が怒ってそれぞれの責務を果たせと引き離したというお話が七夕伝説です。

今でこそ、短冊に様々な願い事を書くようになりましたが、短冊を書くようになった江戸時代当初は、
織姫が手習い事に長けていたことから習字の上達や、
稲の開花時期にあたるこの頃に豊作祈願を願う行事でありました。
恋人同士である織姫と彦星にあやかって、恋愛成就を願うのが元というのは誤りです。

とはいっても時代というのは変わるものです。世界平和や家族の健康、夫婦円満などを願うのは大変素晴らしい事と思います。
皆様方も短冊に願いを書き入れてみてはいかがでしょうか。
posted by 香取神社 at 11:38| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

七夕の笹竹、大祓の茅の輪が設置されました

先日ブログでお知らせをいたしました、
「七夕の笹竹」
「大祓の茅の輪」
が設置されました。

P1010910.JPG
境内に設置された笹に皆さんの想いや願いを込めた短冊を結んで頂き、
七夕7月7日午後7時に神主が短冊に込められた願いが叶うよう祈願祭を行います。
短冊は、皆さんが持参したものを自由に結んでいただいて構いませんし、社務所にて紐の丈夫な短冊を100円で頒布しております。
もちろん皆様で持参された飾りもご自由にお結び頂いて結構ですので、是非ご自宅でお子様と作られて結びにおいで下さい!
(雨風により落下してしまった短冊やお飾りは、再度結べる物は結び、結べないと判断した物は社務所にて引き取らせて保管させて頂きます。)
-----
H.25茅の輪.JPG
また無病息災を祈る神事、夏越大祓式 及び 茅の輪くぐり が6月30日に執り行われます。

大祓式は形代と云われる人の形をした紙に自分又は家族の氏名と年齢を書きいれ、自らの身代わりとして大祓式当日に祓い清められます。
茅の輪くぐりのくぐり方は健康を祈念しながら1度くぐるだけでも結構ですが、正式には[左回り→右回り→左回り] と8の字に3度くぐる。とされています。

当神社の茅の輪くぐり神事は、例年8月のお盆頃まで設置しております。

この神事をもっていよいよ夏本番を迎えますが、茅の輪をくぐり心身共に清らかなお気持ちでご参拝下さい。
posted by 香取神社 at 09:26| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

戌の日の安産祈願

【6月21日は「戌の日」です】
犬のお産が軽いという事にあやかり、戌の日には安産祈願を行う慣わしがあります。

亀有香取神社では予約無しでも受付をしております。
また、ご予約も承っておりますので、お時間がお決まりでしたら電話でのご予約をオススメしております。

【03-3601-1418】亀有香取神社社務所(9:00〜18:00)

※安産祈願は常時承っており、戌の日に絶対に行わなければならないという事はありません。
ご家族様の都合や「何よりも体調」を優先してお参り下さい。安産絵馬もご用意
posted by 香取神社 at 09:29| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

茅の輪くぐり

こんにちは。先日18日には各地で真夏日、ところによっては猛暑日が観測され、
体調管理の大切さが身に染みる時期となってまいりました。

さて今月も半ばを過ぎ、大祓まで後2週間を切りました。
先日もお伝えしましたが、当社では6月30日15時より夏越大祓式を斎行いたします。

年越しの祓から半年が経ち、その間知らず知らずの内に身についてしまった罪や穢れを祓い、無病息災を祈るこの夏越大祓。
時期が近付くと、鳥居の前に茅や藁を束ね作られた「茅の輪」を目にする方も多いのではないでしょうか。

H.25茅の輪.JPG
※この写真は過去のものです。
 今回の夏越大祓の茅の輪は6月下旬に設置されます。

茅の輪は健康を祈念しながら1度くぐり、通り抜けるだけでも結構ですが、
左回り→右回り→左回りと8の字を描きながら、3度くぐるのが正式であるとされています。

7月に入ると、1年もいよいよ折り返しとなります。
この夏越大祓で罪穢れを祓い清め、健康な身体と心で夏を乗り越えましょう!
posted by 香取神社 at 15:16| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

健脚守

先週末に続き、この週末も真夏の様に暑い晴れの日となっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
暑さに慣れていないこの時期は熱中症の対策も万全を期さないといけませんね。
水分・塩分のこまめな補給や帽子・日傘の活用などを心がけましょう。

さて、本日は当社の「健脚守」についてお話しします。
当社では脚の健康を祈願する御守を4種類頒布しております。
こちらの御守は当社の授与品の中でも大変人気があるのですが、なかには脚の御守を扱っている神社を事前に探してからこちらにいらした、という方も…。
最近はフィギュアスケートの羽生結弦選手のファンの方も(羽生選手の快癒祈願に)いらっしゃっているようなのですが…?
考えてみると、健脚に特化した御守はどこの神社にもあるというわけではないかもしれません。

実は当社で頒布している健脚守は、香取神社ではなく、当社の境内にある「道祖神社」の御守なのでございます。
「道祖神」とは、古来より民俗信仰のひとつとして様々な地域で信仰を集めてきた神様です。
境界や道を守護し、災厄を遠ざけると信じられ、多くは村境や辻に石碑の形で祀られてきました。
旅人たちはそういった所の道祖神にご挨拶をして通ったといいます。
そのように道中の無事を祈る旅人の神でもあったことから、
足腰の健康や交通安全を司る神として信仰されてもいるのですね。
IMG_2188.JPG

IMG_2186.JPG
posted by 香取神社 at 17:32| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

天を指す両さん像

皆さんは当香取神社境内に「こち亀」の主人公である両さんの銅像が建っているのを御存じですか?
一度当社にお越しいただいたことのある人なら目にしたことがあるかもしれません。これは亀有町内に10体以上ある両さん像の中のひとつです。
話は変わりますが、最近多くの台湾人の参拝客にお越しいただき、両さん像と一緒に写真を撮っている光景を目にします。というのも、今台湾では「こち亀」のアニメが放送されていて、大変人気があるそうです。その影響もあり、観光でここ亀有に多くの台湾人が訪れているのです。
今年は「こち亀」の連載が始まって40周年にあたる年です。これを記念して「こち亀」の舞台化もあるそうで、これからまた「こち亀」を通して亀有が盛り上がってくるかもしれないですね。
皆さんもぜひ当香取神社にお越しいただき、亀有が生んだスーパースター両さんと写真を撮ってみるのもいかがですか?
IMG_0253.JPG
posted by 香取神社 at 14:21| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

平成28年 7月の吉日カレンダー

【7月の吉日】
平成28年7月の大安と戌の日カレンダーです。
来月の予定立てにご参考下さい。

H28.7.png

平成28年7月の大安は、
9日(土)
15日(金)
21日(木)
27日(水)
です。

平成28年7月の戌の日は
3日(日)
15日(金)
27日(水)
です。

【Q&A】
【Q】仏滅の日にお祓いしても大丈夫なの?
【A】まったく問題ありません。
「なるべく良いお日柄にお祓いをしたい」と誰もが思うものです。
ですが六曜(大安・仏滅など)は、神道とあまり関係がありません。
お気になさらなくて大丈夫です。

もちろん、ご自身で大安の日を選んでお祓いをしても大丈夫です。
ですが「仏滅だから悪いことが起きる」「仏滅の日にお祓いをしてはいけない」ということはありません。
(安産祈願も常時承っており、戌の日に絶対に行わなければならないという事はありません)
家族の都合や「何よりも体調」を優先して御参り下さい。

亀有香取神社では予約無しでも受付をしております。
しかしタイミングによってはお待ちいただく事もありますので、お時間がお決まりでしたら電話での予約をオススメしております。
【03-3601-1418】亀有香取神社社務所(9:00〜18:00)


【神社Facebookにて境内イベントの写真を随時更新中】
↓↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook
↑↑↑↑↑↑↑↑
posted by 香取神社 at 09:38| 吉日一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

お祓いの用具 大麻(おおぬさ)

今日は朝から雨が降り、梅雨の季節が到来しました。

さて、本日は神主が神事に用いる道具について紹介したいと思います。
神社の神主と聞いてよくイメージされるのが棒のようなものを持って、左右とばさばさと振っているものでしょう。

その棒の事を大麻(おおぬさ)と呼びます。大麻は神事の際に、参列者や神様への捧げ物を神主が左・右・左と振ってお祓いお清めします。

当神社の大麻は木製の棒に沢山の紙垂(しで)を麻で縛ります。
また、榊の枝に同じく紙垂をを取り付けた大麻もあります。
DSC_7174.jpg
posted by 香取神社 at 15:42| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

梅雨兆す

こんにちは!
先週5日に関東・甲信地方の梅雨入りも発表され、
日によっては晴れ間が見られながらも、じめじめとした日々が続いております。

さて、四季を通して雨が多く、それによる弊害も多い日本。
一方、その湿潤さは農耕稲作の文化には欠かせないものでもあります。
新潟佐渡地方では、田植えに必要な雨であるとして
梅雨を「田植えさずい」と言い表すこともあるそうです。
このように、雨の「恵み」の部分を取り上げた言葉は
日本各地、様々な形で伝えられています。


また神道はそんな農耕稲作の文化のもと、
春には豊作を、夏には風雨の害が少ないことを祈り、
秋には収穫を感謝する祭りを執り行ってきました。
蒸し暑さに辟易してしまうこの時期、雨天に負けず
「恵みの雨」を楽しむ気持ちも必要かもしれませんね!




posted by 香取神社 at 12:52| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

梅雨の晴れ間

こんにちは。昨日今日と素晴しいお天気に恵まれていますね。
梅雨の合間の晴れというのは、真夏と変わらない厳しい陽射しが注ぐので肌が痛く感じられるほどです。
「五月晴れ」という言葉も、元々はこの梅雨の晴れ間を指すものでした。
明治時代になってほどなく陰暦から陽暦に変わったため、ずれてしまいましたが…

さて、こんな季節にまさにぴったりの和歌がございます。


 かぎりなくたち重りし雨雲も晴るれば晴るゝみなづきの空(昭憲皇太后)


まさに今日の様な梅雨の晴れ間について詠っています。
曇天、また雨天の続く梅雨の時期ですが、いったん晴れるとなると見事な快晴になるものだ、という趣旨です。
水無月とあるのは、これをお詠みになったときは既に新暦の制度になっていたためですね。
明治天皇のお后の昭憲皇太后さまは、生涯に約3万首もの和歌をお詠みになりました。
ちなみに明治天皇さまはなんと約9万3千首もお詠みになっています。

本日も暑い中、多くの方に御参拝・御祈願にお越しいただいております。
境内の木々も夏に向けて緑が濃くなってきました。
週末の息抜きに、また、お出掛けのついでに、神社にふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
DSC_7076使用.jpg
posted by 香取神社 at 12:16| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

梅雨の季節ですね

平成28年も6月に入り、これから梅雨の季節でございます。
最近雨の日も心なしか増えているような気がします。昨日も午前中は雨が降っていましたが、戌の日ということもありまして、ご夫婦での参拝の方など多くの参拝者の方々がお越しになりました。

さて、本日6月10日は「入梅」でございます。これは暦の上で梅雨に入ったことを指します。
今の暦では、太陽の黄経が80度になる日を入梅としています。
対義語は出梅と言いますが、これは日本ではほとんど使われないようです。そう言われるとあまり馴染みがない言葉ですね。

これからどんどん雨の日が増えてくるかと思われます。気温の変化もあると思われるのでご体調には一層お気を付け下さい。
posted by 香取神社 at 09:00| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

【神社の御守(裏)】

【神社の御守(裏)】
ご参拝の方が御守を受けられる際、「亀有香取神社の社名が入った御守を下さい」と聞かれることがあります。

当神社の織型の御守は表面ではなく、裏面に社名が入っております。
見本の写真は今まで表面しか映していませんでした。
そこで今回は、普段お見せしていない裏面もご紹介します。


勝守
勝守.jpg

開運厄除
開運厄除.jpg

巾着型
巾着.jpg

安産守
安産.jpg

健康御守
健康.jpg
posted by 香取神社 at 11:04| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

明日、6月9日は【戌の日】です。

【明日は戌の日です】
イヌの日カレンダー.png
平成28年6月の戌の日は、
9日(木)
21日(火)
です。

安産絵馬もご用意

犬のお産が軽いという事にあやかり、安産祈願を戌の日に行う方が多くなってきています。
亀有香取神社では予約無しでも受付をしております。
ですが明日は土曜日という事もあり、お待ちいただく事もありますので、お時間がお決まりでしたら電話での予約をオススメしております。
【03-3601-1418】亀有香取神社社務所(9:00〜18:00)


※安産祈願は常時承っており、戌の日に絶対に行わなければならないという事はありません。
家族の都合や「何よりも体調」を優先して御参り下さい。



【神社Facebookにて境内イベントの写真を随時更新中】

↓↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook
↑↑↑↑↑↑↑↑


posted by 香取神社 at 09:51| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

【七夕まで一ヶ月】

【七夕まで一ヶ月】

七夕まであと一ヶ月となりました。
P1010910.JPG
当神社では6月の下旬から境内に笹竹を設置しております。

社頭で短冊を100円でお渡ししておりますが、持参した短冊や飾りを付けていただいても大丈夫です。

また例年の通り、7/7(19:00)より七夕祭を斎行します。
皆様が結んだ短冊をお祓いお清めを致します。

笹竹の設置を行いましたらまたご報告いたしますので、その際は是非お越しください。

【まめ知識】
(Q)日本での七夕はいつから始まったのですか?

(A)奈良時代に中国から伝来した、女子が手芸に巧みになる事を祈る「乞巧奠(きっこうでん)」と、盆の先祖祭、祖霊祭祀などが習合して、宮中で行われたのが始まりといわれます。
江戸時代になると、織姫が手習い事に長けていたことから習字の上達や、稲の開花時期にあたるこの頃に豊作祈願などをするようになりました。笹竹に短冊をくくりつけるようになったのもこの頃からです。
posted by 香取神社 at 14:25| 報告・諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

例大祭ポスター制作中

6月に入り、いよいよ梅雨入りが迫ってきました。
さて、当神社では毎年9月に例大祭が盛大に執り行われますが、そのお祭りを盛り上げるために、毎年例大祭のポスターを制作しています。
近年では神主がパソコンを駆使し自作をしております。完成はまだ先ですが、お祭りの際にはポスターに少々気にかけていただければと思います。
H28例祭ポスタ作成中.JPG
posted by 香取神社 at 17:21| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

巫女舞のお話

こんにちは!二週連続となりますが巫女のYです。
本日は朝から雨が降っていましたね。境内のあちこちにも水たまりが出来てしまっています・・・

ところで、皆様は神楽舞をご覧になったことがありますか?
神楽舞とは巫女や神主がご神前で神様に奉納する舞の事を言います。
一説では日本神話の有名な天岩屋戸之段で、素戔嗚尊(スサノオノミコト)の横暴により天岩屋戸に引き籠ってしまった天照大神(アマテラスオオカミ)を呼び戻すため、天鈿女命(アメノウズメノミコト)が神々の前で舞った舞が起源だと言われております。

また、全国には多種多様な舞が伝わっており、その地域独特の舞が沢山あります。
皆様がお住まいの地域の神社にもその神社独自の舞が伝わってるかもしれませんね。
舞はご祈願を受けられる際や、神社のお祭りの日などに奉納されていることが多いので、興味のある方はぜひご覧になってください。

HAM_2036.JPG

当社でも御祈願の際には巫女Yが豊栄の舞、巫女Eが朝日舞という舞を御神前で奉納しています。
他にも巫女Yは浦安の舞という舞も勉強中ですので、機会があればそれらの舞も詳しくご紹介できたらと思います。
posted by 香取神社 at 14:07| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。