タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2017年04月16日

神楽舞!C 〜最終回、浦安の舞編〜


こんにちは!巫女のYです。
あれだけ満開だった桜も、今ではほとんど散ってしまいましたね。

さて、忘れたころにやってくる神楽舞紹介を再開したいと思います
なんと本日最終回、今回紹介するのは浦安の舞です。
今朝もほかの神社の例祭にお呼ばれして、この舞を奉納してきたばかりです…

この浦安の舞は一番を扇で舞い、二番を鈴に持ち替えて舞う舞です。
その分難易度が高く、習得するのに長い時間を要します。
私自身大学一年のころに練習を始めて、三年生の時にやっと神様の前で舞えるようになりました。
その分、一番思い入れの深い舞でもあります。

作曲作舞は多忠朝。
歌は昭和天皇の御製御歌である

あめつちの かみにぞいのる あさなぎの うみのごとくになみだたぬよを
(天や地にいらっしゃる神様に、朝凪の海のように波立たぬ世になって欲しいとお祈りします)

という歌が歌詞になっています。
皇紀二千六百年を記念して作られた近代神楽で、作られてからまだ70年ほどしかたっていませんが全国各地で見られるとても素敵な舞です。
近辺ですと、日枝神社さんの観月祭や明治神宮の春の大祭でも目にすることができます。
機会があればぜひご覧になってください。

これにて、私が紹介できる神楽舞は以上になります。
紹介した神楽以外にも、まだまだ全国には素敵な神楽舞がたくさんあります。
拙く、また短い文ではありましたが、私の記事を読んで少しでも神楽に興味を持って下さる方が増えて下されば幸いです。

春風心地良いこの季節、皆様のご参拝を心よりお待ちしております。
www.dotup.org1219236.jpg
posted by 香取神社 at 15:27| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする