タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2007年02月22日

五十日祭

おかげさまで本日21日に父の納骨祭、五十日祭を無事滞りなく納めることが出来ました。

これで一段落と思いきや、まだまだ落ち着きそうにありません。

今月中には宮司変更の登記を済ませなくてはいけないと思っているのですが、登記とか全く意味がわからないです。。

現在、本を買い漁って猛勉強中であります。





それと忘れていましたが、年末ご報告いたしましたドラマ撮影ですが3月3日の土曜日にテレビ東京で放映だそうです。

詳しくはわからないのですが、ちゃんと香取神社として放送されるそうです。題名は「おかわり飯蔵」です。

本当に失礼ながらまだ見たこと無いんですが、ずっと亀有で撮影してたみたいなんで亀有が舞台なんですかね?

でも女優さん滅茶苦茶綺麗でした。神主の格好していたので真面目な振りをしてましたが、内心は大興奮でした。カッコつけずに握手と写真撮ればよかった。。



もう一つ。この度再度巫女さんを募集いたします。

以前の募集の際より神職の勉強している学生さん数名お手伝いいただいていますが、就職活動等であまり迷惑かけられないので、もう一人今回募集させていただきます。

基本的には以前と同じなんですが、「長期で出来る・基本的に土日は勤務出来る・近い」の条件の方を優先させていただきます。

初めは指導していきますが、慣れてくれば例えば仕事が暇な時には境内を散歩して、ここに花を植えた方がご参拝される方が喜ぶだろうな。とか、こんなデザインの御守りなら女性にも身に付け易い。とか、男性にはわからないような女性の視点で色々考えていただいてアドバイスしていただければと思います。

また、先日までに何名かの方に巫女をやりたいというご連絡があったのですが、うっかりお名前や連絡先をお聞きするのを忘れていました。もしこの日記を見られていましたらお手数ですが再度ご連絡いただければと思います。


             
             奉仕要項

・募集職: 巫女アルバイト (白衣、袴、足袋等は貸与いたします。購入も可。)

・人数:1人

・資格:18〜30歳位までの女性(既婚者も可)

・時給:900円以上

・勤務時間:土・日・祝日 9時半〜3時半(休憩1時間。休憩中帰宅可)
      ただし、大安吉日など平日でも忙しい日は出勤していただく場合がございます。
      逆に休日の仏滅にはお休みしていただいても結構です。
      七五三、年末年始等の最も忙しい期間は勤務日・時間関係なく集中勤務していただく場合がございます。
      これらは全て前月末に話し合いの後、決定いたします。

・禁止事項:特にございません。茶髪、化粧に関しては、余りに派手過ぎる場合を除いて特に制限はしません。
      服装も基本的には着物を着ていただきますので制限はありません。

・優遇事項:明るい方、常に笑顔で挨拶出来る方、習字が得意な方
      神社から自転車で通える範囲にお住まいの方、長期で勤務出来る方(最重要!)

・勤務内容:授与所でのお札・お守りの授与、お祓いの受付、事務作業
        境内、お宮掃除
        お祓いのご案内、手伝い



基本的には授与所で様々な仕事をしながら、境内や社殿の掃除、お祓いの手伝い等をしていただきます。

あまり神社だからといって真面目にならずに、他のバイトと同じく皆で楽しく和気あいあいとやっていきたいと思っています。


一般の方がお休みの時に、勤務していただく事が可能な方。特に年末年始は集中して勤務していただく場合がございますが、それでも長期ご奉仕(勤務)いただける方、是非宜しくお願い致します。


お問い合わせは、直接おいでいただけるかTEL3601−1418までお願い致します。





posted by 香取神社 at 03:34| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。