タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2016年08月01日

神楽舞!A〜朝日舞編〜


こんにちは、巫女のYです。
青葉が茂り、蝉の鳴き声がよく響く季節となりました。
境内では蝉の抜け殻をよく見かけます。

さて、一週間空いてしまいましたが神楽舞の記事を再開したいと思います。
今週は朝日舞についてです。

朝日舞とは、以前紹介したように宮司舞(または神主舞)と呼ばれ主に神職さんが神前で舞う舞です。
明治時代以降の近代に作られもので、明治天皇さまのお作りになった御歌二首に曲と振を付けたものとなっています。

さし昇る 朝日の如く 爽やかに もたまほしきは こころなりけり
(差し昇る朝日の様に爽やかな心を持ちたい)
目に見えぬ 神に向かいて 恥ぢざるは 人の心の まことなりけり
(目に見えない神様に向っても恥じることが無ければ、その人の心はまことである)
という大変清々しい歌に、鏡を模した白い輪を付けた榊で舞うのが特徴です。

DSC_8157.JPG

私達もこの舞を舞う際は、この明治天皇の御歌に恥じないよう清々しく堂々と舞うことを心がけています。

御祈願を受けられる際は、神主が舞っている所を見られるかもしれませんのでその時は、是非注目してみてください。
posted by 香取神社 at 09:00| 巫女日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする