タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2007年09月29日

劇団夜行館東京公演初日

劇団夜行館さんによる無縁童女往生絵巻/童女誕生篇の東京公演が、本日香取神社境内にて初日を迎えました。

雨がポツポツと降る中たくさんの方々がお見えになられました。

それでは初日の模様を少しだけ。(明日も公演がありますので、明日予定されている方は見ないでくださいね。)

(すべて写真をクリックしますと大きく表示されます)
IMG_4037.JPG

境内の外灯や照明を全て消し、提灯の明かりとスポットライトのみで演技されています。

社殿をバックにすると非常に幻想的ですね。

IMG_4044.JPG


いよいよクライマックスです。

IMG_4086.JPG

約地上3階くらい、15メートル以上あると思います。

凄い体勢になってます。。

IMG_4093.JPG



最後はお囃子が鳴り響く中、ねぶたが登場です。

IMG_4115.JPG

よく見ると、上空でまたもや凄い体勢になっています。。

IMG_4118.JPG


このように最後は非常に素晴らしい演出で終了となりました。

ストーリーは胎児のまま死児となった無縁童女が津軽の自然がもつ“太古からの生気”を一身に受けて、死児から繭となって胎児に転生していく無縁童女の物語で、そこに青森のお囃子、ねぶたなど織り交ぜ独自の世界観で公演されています。

TVが普及する以前は神社やお寺でこのような演劇をよくやられていたそうですが、現在特に都会では殆ど行われなくなりました

今回見に来られた方も、まるで子供の頃に返ったようだよ。と喜んでくださっておりました。

興味をもたれた方は明日七時より2日目が行われます。
是非秋の夜長に、都会の世界とは全くの別世界を楽しんで下さい。

前売りはギャラリーらんかどうさんで、当日券は神社境内のテントにて受付しております。


また、昨日今日とご近所の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。
まことに申し訳有りません。

また明日最終日がございますが、何卒ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。




posted by 香取神社 at 23:54| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。