タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2007年10月10日

神社日記一周年

早いものでこの神社日記をはじめて一年が経ちましたが、この一年間は僕自身の人生でもっとも激動の年となりました。


まず神社の隣に巨大ショッピングセンターアリオが開店し、神社の全てが大きく変化しました。

それに前後し、二度に渡りこち亀両さん像建立除幕式を奉仕させていただき、多くのマスコミが取材に来るような大きな行事に初めて携わる事が出来ました。

それから秋に宮元町会の新神輿造営記念、その後すぐに二年に一度の本祭を初めて取り仕切らせてもらいました。


そして年明けすぐに父である先代宮司が逝去し、若輩者ながら跡を継ぎました。

その後はとにかく目の前の行事等を一つづつ無我夢中でこなしていく毎日が続き、あまりのプレッシャー・慌ただしさで父の死を悲しむ事も出来ませんでした。

しかし今改めて振り返ると、悲しむ暇も無いのがかえって良かったのかもしれません。

そして現在。新たに神職、巫女が奉職し、四人体制で奉仕しております。

この様にこの一年で社務所内も非常に明るい雰囲気になり、また境内も日中は参拝者で賑いこの一年で神社はかなり様変わりしておりますが、亀有の地をお守りして731年を数える香取神社、また歴代宮司の名を汚さぬよう、その時代時代の色を取り入れつつも芯となる本道は絶対に崩さず亀有の町が益々栄えるよう神職・関係者一同、これからよりいっそう奉仕していきたいと思います。


また、一つ前の日記の自己紹介にあるように秋の例大祭前より新しい神主が奉仕しております。

彼は大変勉強熱心でいつも笑顔を絶やさない素晴らしい男です。

(見た目が僕と似ている為よく間違えられますが、僕は自称イケメン神主ですので少しだけ痩せて見えるのが僕、少しだけ太って見えるのが彼と判断してくださいね。区別がつくように頑張って痩せます!)

僕も彼に負けない様、より精進してまいりますので、どうぞ神主一同これからも宜しくお願い致します。




posted by 香取神社 at 00:41| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

劇団夜行館東京公演千秋楽

本日より十月となり、いよいよ本年度も残すところ後三か月となりました。
これから日に日に寒くなると思いますが、皆様体調だけは崩さないようにお気をつけ下さい。

当香取神社も昨日劇団夜行館さんの演劇千秋楽を迎え、これをもって色々ありました九月も終り、そろそろ七五三詣そして年末年始の準備に入ります。

昨日は残念ながら一日中大雨でしたが、それでも初日に続き本当に大勢の方々にお見えいただきました。

見る方々には星空の下で秋の夜風を感じながら見ていただきたかったですし、演じる夜行館さんにとってもまた亀有に来たくなるような想い出に残る公演にしていただきたかっただけに、両日共雨というのは本当に本当に悔しい思いでいっぱいです。。

(写真は全てクリックすると大きく表示されます。)
IMG_4160.JPG

IMG_4166.JPG

それでも劇団員さん方は、素足で全身びしょ濡れになりながら魂のこもった演技をしてくださいました。

IMG_4189.JPG

いよいよ中盤の見せ場である綱渡りです。

IMG_4175.JPG

前日に引き続き凄い体勢に。。

IMG_4178.JPG

最後はねぷたの灯火が水溜りに反射して、前日より神秘的に見えました。

IMG_4203.JPG

二日間に渡り悪天候の中素晴らしい演技をしてくださった夜行館の皆さん、本当にお疲れ様でした。

IMG_4205.JPG




今回舞台公演が無事行えたのはご近所の皆様のご理解ご協力の賜物でございます。

この三日間大変ご迷惑をおかけいたしてまことに申し訳ありませんでした。

皆様のご理解ご協力により、無事大成功を納める事ができました。

本当にありがとうございました。



最後に、今回この様なお話をいただいたギャラリー欄柯洞・日経亀有の吉田さん木村さんそして関係者の皆さんは、半年前この東京公演が決定してから色々走り回られて本当に苦労されたと思います。

僕自身、今回末席ではありますが興行(巡業?)に携わらせていただき、興行が無事行われるまでの苦労を肌で感じる事ができ大変勉強になりました。

また今回の公演の準備より様々な方と素晴らしいご縁をいただきました。
僕にとって人生の財産になるようなご縁をいただいた吉田さん木村さん、本当にありがとうございました。また本当にお疲れ様でした。






加筆
今回東京公演に携われた皆さんは人間的に本当に素晴らしい方々ばかりでした。

夜行館さんは公演後、立つ鳥後を濁さず という言葉のように本当に何事も無かったかのように綺麗にされて帰って行かれました。
僕のように同じ場所で神社に奉仕する立場とは全く真逆で、情熱をもって日本中を駆け巡る姿にちょっぴり羨ましいさを感じました。
今は寂しさと、気持ち良い充実感でいっぱいです!
posted by 香取神社 at 01:20| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

劇団夜行館東京公演初日

劇団夜行館さんによる無縁童女往生絵巻/童女誕生篇の東京公演が、本日香取神社境内にて初日を迎えました。

雨がポツポツと降る中たくさんの方々がお見えになられました。

それでは初日の模様を少しだけ。(明日も公演がありますので、明日予定されている方は見ないでくださいね。)

(すべて写真をクリックしますと大きく表示されます)
IMG_4037.JPG

境内の外灯や照明を全て消し、提灯の明かりとスポットライトのみで演技されています。

社殿をバックにすると非常に幻想的ですね。

IMG_4044.JPG


いよいよクライマックスです。

IMG_4086.JPG

約地上3階くらい、15メートル以上あると思います。

凄い体勢になってます。。

IMG_4093.JPG



最後はお囃子が鳴り響く中、ねぶたが登場です。

IMG_4115.JPG

よく見ると、上空でまたもや凄い体勢になっています。。

IMG_4118.JPG


このように最後は非常に素晴らしい演出で終了となりました。

ストーリーは胎児のまま死児となった無縁童女が津軽の自然がもつ“太古からの生気”を一身に受けて、死児から繭となって胎児に転生していく無縁童女の物語で、そこに青森のお囃子、ねぶたなど織り交ぜ独自の世界観で公演されています。

TVが普及する以前は神社やお寺でこのような演劇をよくやられていたそうですが、現在特に都会では殆ど行われなくなりました

今回見に来られた方も、まるで子供の頃に返ったようだよ。と喜んでくださっておりました。

興味をもたれた方は明日七時より2日目が行われます。
是非秋の夜長に、都会の世界とは全くの別世界を楽しんで下さい。

前売りはギャラリーらんかどうさんで、当日券は神社境内のテントにて受付しております。


また、昨日今日とご近所の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。
まことに申し訳有りません。

また明日最終日がございますが、何卒ご理解ご協力の程、宜しくお願い致します。


posted by 香取神社 at 23:54| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

秋のような夏のような

皆様こんにちは。
香取神社最大の行事である例大祭が終了し、ふと気がつけば夕方六時には辺りはすっかり暗くなりいよいよ秋本番の今日この頃。
香取神社もいつしかセミの鳴き声は全く聞こえなくなり、鈴虫の鳴き声がちらほら聞こえてまいりました。

当香取神社はこれより行事続きとなります。
10月中頃より七五三詣。
11月23日には新嘗祭。
また、落ち葉やギンナン清掃。そして年末年始の行事。
そして節分祭。

そしてそして秋の例大祭、そしてそしてそしてまた年末年始…と。ああまたアっという間に歳をとる。。(>_<)


とにかく…これから行事続きで神社は大変賑やかになります。

そういえば賑やかといえば、お祭で露店さんが排水溝に捨てていったゴミや汚水が詰まってしまい、賑やかに悪臭がたちこめてしまっていましたが、ようやく昨日神主総出で排水溝のヘドロ取り作業を終えました。(強引に話題を繋げましたが。。)

毎年お祭り後のゴミ処理については問題になっていましたので、来年に向け様々な問題を一つ一つ解決していきたいと思います。

明日再度消臭薬を撒けば落ち着くと思いますが、ご参拝・通行人の皆様には大変不快な思いをさせて本当に申し訳ありませんでした。




もう一つ、今度はおめでたいお話を。
先日の七夕祭で子宝を授かりますように。と短冊に願いを込められた方が、めでたくこの度ご懐妊され安産祈願をしたいとのご連絡がありました。
神社としましても本当に嬉しい事です。本当におめでとうございます!

1年に1度の七夕祭は終わってしまいましたが、今月より絵馬掛け所・おみくじ結び所を社殿前に設置いたしました。
是非皆様、願い事・運試しに絵馬・おみくじをお受けになられてはいかがでしょうか?

ちなみに僕の液晶テレビが欲しい!!もきっと叶うはずです。



来週の土日は先日の巫女日記にありますように、劇団夜行館様による無縁童女往生絵巻/童女誕生編が当香取神社境内にて公演されます。

舞台やセットはあえて設けず、観客の目の前で演技されるそうです。

興味のある方、またチケットのご購入は
ギャラリー欄柯洞(らんかどう)さん 03(3628)6110までお問い合わせ下さい。

チケット前売り3000円 当日3500円
学生前売り当日共2000円 小学生以下1000円。

公演日時:9月29日(土) 30日(日)

開場:18時30分 開演:19時


posted by 香取神社 at 14:58| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

ありがとうございました。

お久しぶりです。

おかげさまで平成十九年香取神社例大祭も、先日の日曜をもちまして無事滞りなくとり納めとなりました。

特に大きな問題も無く、例年以上の盛り上がりとなりました。
これも皆様のご協力の賜物でございます。本当にただただ感謝です。
本当にありがとうございました。



昨年は天気が不安定で最終日の町会神輿宮入の際に大雨となってしまいましたが、本年度は天気にも恵まれ、町会神輿の宮入は異常な熱気となりました。

今のところ大きな怪我人が出たという報告も聞いておりませんのでホッとしています。


担ぎ手の皆さんは本当に良い顔をしてました。
きっと翌日は身体中痛いけれどいまだ興奮覚めやらぬ、または燃え尽きて抜け殻状態だったのではないでしょうか?

来年は本祭で宮神輿が亀有を渡御致します。
僕自身より精進を重ね、来年の大祭を迎えたいと思います。

皆さん平成十九年度例大祭、本当にお疲れ様でした。
また、ご協力本当にありがとうございました。
posted by 香取神社 at 23:40| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

リバウンドしました

こんばんわお久し振りです。

1ヵ月半で15キロ痩せた後、10日で6キロリバウンドしまして、リバウンドの良いお手本になりました宮司でございます。。

人生も山あり谷ありでございますが、体重も山あり谷ありでございます。


さて本題に。

先日の巫女日記にもございますように、平成十九年度香取神社例大祭は9月15日、16日となります。日程は下記の通りです。

15日:町会神輿宮出、例大祭、奉納舞踊大会

16日:講社祭、町会神輿宮入

各行事の詳細につきましては、8月中に境内掲示板、HPにて掲載致しますのでご参考下さい。

本年度は宮神輿は渡御致しませんので、町会神輿が一番の見せ場となります。

まだお神輿を担いだ事が無いという方や担ぎたいけどなかなか躊躇してしまうという方は、是非この機会に町会神輿巡行に参加してみて下さい!一年に一度だけは何も考えず思いっきり体を動かし、声を出してみてはいかがでしょうか?


もう一つ、七五三詣についてです。

本年度の七五三詣のご案内につきましては、お祭りと同じく8月中に境内掲示板、HPにて詳細をご案内致します。

下記のリンク先は昨年のご案内のもので、本年度も大体同じような形で執り行う予定ですが、お祓い受付時間を午前8時半〜午後5時までと変更を予定しております。

http://kameari-katorijinja.com/oshirase/753/index.html










posted by 香取神社 at 01:30| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

お久しぶりです。宮司でございます。

皆さん大変お久しぶりです。当社の宮司ございます。

最近は亀有香取神社名物となりつつある、日本一の巫女さん達が一生懸命決更新しておりましたので、暖かく見守っておりました。

決してサボってたわけではありません。多分。

そういう私ですが、ここ約2ヶ月で15キロの減量を致しまして、心身共にイケメン神主の仲間入りを果たさせていただきました。

念願だったイケメン神主にもなりまして、来月から下半期、よりいっそうの精進をと思っております。



さて最近の日記に登場しております巫女さん達ですが、現在4人御奉仕いただいております。

先ず一人目は日曜担当のOさん。彼女は現在ほとんどの巫女日記を更新してくれている子です。Oさんは巫女さん経験ゼロだったのですが、非常に勉強熱心で飲み込みが早く、今では言わなくても色々仕事をこなしてくれて本当に素晴らしいです。僕のお話し相手も嫌々してくれてます。

二人目は土曜担当のUさん。彼女は巫女経験者ですので安心して見ていられます。また単純作業に強いようですので、今度紙垂(注連縄についてる4つ折の紙)を永遠折っていただこうと思っております。彼女も僕の話し相手を嫌々してくれます。

そして國學院大學の学生さんで神主の卵でもあるIさんとSさん。彼女達は非常勤で、各行事の時や僕が忙しい時に助けに来てくれています。彼女達は巫女だけでなく、時には神主としても僕の右腕として動いてくれるスーパーガールズです。


このように美貌と実力を兼ね備えた日本女性の鏡とも言うべき当社の巫女さん達です。

なかなか一同が集まることはありませんが、土曜、日曜はそれぞれ社務所、または社殿にて一生懸命御奉仕しておりますので、暖かい目で見守ってあげてほしいと思います。




posted by 香取神社 at 13:55| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

小学生のみんなからいただきました

2日連続の更新です。良い調子です。



先日この日記にも書かせていただいた道上小学校3年生の皆さんからお手紙をいただきました。

一人一人、一生懸命書いてくれて本当に嬉しくて涙が出そうでした。手紙は一生の宝物ですね!

IMG_2748.JPG
本当に一人一人丁寧に書いてくれています。


また左の絵は放課後に数名遊びに来てくれたのですが、僕が不在だった為に絵を描いて届けてくれた物です。裏には狛犬の絵がうまく書けています。


IMG_2748.JPG
みんな本当にありがとう!でも神主様は大げさです。恥ずかしい。。


今回このような機会をいただき、その縁で小学生の皆が神社に遊びに来てくれるようになりまして本当に感謝の気持ちで一杯です。道上小学校の先生方、本当にありがとうございました。

今後も子供たちが気持ちよく、またお父さんお母さんが安心して遊びに行かせられる境内環境を作っていきたいと思います。




IMG_2721.JPG

現在造園さんに境内の樹木の手入れをしていただいています。

春の新芽、新葉が茂る前にある程度枝打ちしてもらいます。
これは発育を促す他に、葉が茂る前に予め枝打ちして落ち葉の季節にご近所になるべく落ちないようにする為や、台風などで枝が折れないようにする為に毎年春と秋の2度行っています。

IMG_2742.JPG

それと写真にあるように弱った樹木の周りに穴を掘り、肥料をあげていただいています。

特にこの写真にある境内中央のイチョウの木は年々弱ってきていて、昨年は夏に葉が枯れ、秋に銀杏が落ちないまま腐ってしまいました。なんとか元気になってもらいたいのですが。

詳しくはHPの鎮守の森を見てください。

posted by 香取神社 at 02:47| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

卯月

どうも皆さん大変お久しぶりです。

最近参拝者の方やご祈願をお受けの方に、よくホームページと日記を見ていますと言われます。本当にありがたい事です。

ただもっと日記を更新しろと言われるのですが、最近はご祈願の合間に事務仕事や父との引継ぎ作業を行う毎日で大きな行事が無く、非常に忙しいもののネタが無いのでついつい日記をサボりがちです。。

元々この神社日記の本来の目的は日記中心ではなく、ホームページをいじれないのでブログいう形で細かい行事案内や告知、報告などを行う為に作ったのですが、この時期はどの神社でもそうだと思いますが年末年始の忙しい時期を抜けて、その整理や事務仕事がメインになり毎日が同じような時間が流れる時期なのです。
と言うわけでお許しいただけたら思います。。


そんな中、先月末に宮司拝命のご報告とご挨拶をするために香取神社の本宮である千葉県香取神宮に参向いたしました。

TS3C0023.JPG

TS3C0031.JPG


決して遊びではないのですが11月に横浜に行って以来、4ヶ月振りに亀有近郊を離れ久しぶりに気持ちをリフレッシュ出来ました。

TS3C0030.JPG
非常に雰囲気ある茶屋「寒香亭」さんです。

ここは香取神宮の表参道ではなく、御社殿右裏手の山道を少し歩いた所にあって非常にわかりづらい場所にあるのですが、知る人ぞ知る名店で草団子は本当に絶品です。

亡くなった父が大好きで、香取神宮に参向すると必ず大量に買ってきて一人で食べてました。まさか僕も同じになるとは!

是非香取神宮にご参拝の際は寒香亭に寄ってみて下さい。



posted by 香取神社 at 03:35| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

小学生にお話しさせてもらいました。

すみません、大分更新期間が長くなってしまいました。。


まず先日の日記に書かせてもらった神社で撮影したドラマ「おかわり飯蔵」ですが、どうやら一週遅れの放送で先週放送だったみたいです。

制作会社の方に聞いたのですが、どうやら間違いだったみたいです。本当に失礼しました。


それでは本題に。

先週僕の母校でもある道上小学校3年生の皆さんの前で、神社の歴史と亀有の歴史についてお話しさせていただきました。

長時間にわたり結構難しいお話しをしましたので、初めはみんな理解出来ず飽きちゃうかなと心配だったのですが、本当にみんなしっかりと話しを理解し飽きる事無く聞いてくれました。本当にみんなしっかりしてます。

また質問の時間では先生が時間が無いので打ち切る程みんな手を挙げてくれて、質問もなかなか鋭いものから純粋なかわいい質問まで、逆に僕自身が色々と勉強させられました。

お話しの最後に皆で放課後や休みの時はみんなで遊びに来てね。と言ったところ、先日早速女の子達が遊びに来てくれました。本当に嬉しい事です!これからも友達をいっぱい誘って遊びに来て欲しいですね。

僕らが小学生の頃はよく空き地や境内で遊んだものですが、現在は空き地などは無くなってしまい、公園もどんどん縮小・取り壊され、残っていても大人が居座っていてなかなか遊びにくいのが現状みたいです。

ましてや昆虫採集や植物を使った遊びなどは殆ど出来ないです。

せめて神社だけでも、神社に来て植物や生物など自然と触れ合う様々な遊びを通して色々学んで欲しいです。

ただ神社周辺も日中非常に車の流れが多いので、遊びに来る際に事故だけは気をつけて欲しいです。


という事で非常に眠くちゃんと書けているか心配ですが、今日はこのへんで。

四月から新学期ですが、神社も四月より境内にお花を添えたり色々模様替えしていきたいと思っています。





posted by 香取神社 at 03:49| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

五十日祭

おかげさまで本日21日に父の納骨祭、五十日祭を無事滞りなく納めることが出来ました。

これで一段落と思いきや、まだまだ落ち着きそうにありません。

今月中には宮司変更の登記を済ませなくてはいけないと思っているのですが、登記とか全く意味がわからないです。。

現在、本を買い漁って猛勉強中であります。





それと忘れていましたが、年末ご報告いたしましたドラマ撮影ですが3月3日の土曜日にテレビ東京で放映だそうです。

詳しくはわからないのですが、ちゃんと香取神社として放送されるそうです。題名は「おかわり飯蔵」です。

本当に失礼ながらまだ見たこと無いんですが、ずっと亀有で撮影してたみたいなんで亀有が舞台なんですかね?

でも女優さん滅茶苦茶綺麗でした。神主の格好していたので真面目な振りをしてましたが、内心は大興奮でした。カッコつけずに握手と写真撮ればよかった。。



もう一つ。この度再度巫女さんを募集いたします。

以前の募集の際より神職の勉強している学生さん数名お手伝いいただいていますが、就職活動等であまり迷惑かけられないので、もう一人今回募集させていただきます。

基本的には以前と同じなんですが、「長期で出来る・基本的に土日は勤務出来る・近い」の条件の方を優先させていただきます。

初めは指導していきますが、慣れてくれば例えば仕事が暇な時には境内を散歩して、ここに花を植えた方がご参拝される方が喜ぶだろうな。とか、こんなデザインの御守りなら女性にも身に付け易い。とか、男性にはわからないような女性の視点で色々考えていただいてアドバイスしていただければと思います。

また、先日までに何名かの方に巫女をやりたいというご連絡があったのですが、うっかりお名前や連絡先をお聞きするのを忘れていました。もしこの日記を見られていましたらお手数ですが再度ご連絡いただければと思います。


             
             奉仕要項

・募集職: 巫女アルバイト (白衣、袴、足袋等は貸与いたします。購入も可。)

・人数:1人

・資格:18〜30歳位までの女性(既婚者も可)

・時給:900円以上

・勤務時間:土・日・祝日 9時半〜3時半(休憩1時間。休憩中帰宅可)
      ただし、大安吉日など平日でも忙しい日は出勤していただく場合がございます。
      逆に休日の仏滅にはお休みしていただいても結構です。
      七五三、年末年始等の最も忙しい期間は勤務日・時間関係なく集中勤務していただく場合がございます。
      これらは全て前月末に話し合いの後、決定いたします。

・禁止事項:特にございません。茶髪、化粧に関しては、余りに派手過ぎる場合を除いて特に制限はしません。
      服装も基本的には着物を着ていただきますので制限はありません。

・優遇事項:明るい方、常に笑顔で挨拶出来る方、習字が得意な方
      神社から自転車で通える範囲にお住まいの方、長期で勤務出来る方(最重要!)

・勤務内容:授与所でのお札・お守りの授与、お祓いの受付、事務作業
        境内、お宮掃除
        お祓いのご案内、手伝い



基本的には授与所で様々な仕事をしながら、境内や社殿の掃除、お祓いの手伝い等をしていただきます。

あまり神社だからといって真面目にならずに、他のバイトと同じく皆で楽しく和気あいあいとやっていきたいと思っています。


一般の方がお休みの時に、勤務していただく事が可能な方。特に年末年始は集中して勤務していただく場合がございますが、それでも長期ご奉仕(勤務)いただける方、是非宜しくお願い致します。


お問い合わせは、直接おいでいただけるかTEL3601−1418までお願い致します。



posted by 香取神社 at 03:34| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

再開です

皆さんお久しぶりです。

1月4日の宮司(父)の逝去より約1ヶ月が経ち、その間に葬儀、節分祭と兎に角精神的にガクッとならないよう、この一ヶ月は常に緊張の糸を切らず駆け抜けてまいりました。

おかげさまで無事父をおくる事が出来、また節分祭も例年以上の人手となりました。

これも皆々様のおかげです。本当にありがとうございました。



昨年の大晦日、ちょうどこの昨年最後の神社日記を書いた直後、自宅療養中の父が倒れ一旦は取り戻しましたが、三が日が終わった4日の深夜に病院に呼び出され、医師からもう全てにおいて限界と告げられました。

その時はもう意識は無い状態でしたが、大祓祭、元旦祭、そして三が日と神社の行事が無事終わった事を告げると、一瞬ですが目を開けてくれました。

今思えば31日早朝に倒れてから三が日が終わるまで頑張ったのも、神社で一番大事な時期という宮司の責任からではないでしょうか?


結局、僕は神社の仕事がある為に一旦神社に戻ったのと入れ違いで午前9時に父は息を引き取ったそうです。

夕方病院に戻るまで頑張っていると信じて、あえて顔を見ずに病院を出ましたがそれも叶いませんでした。

しかし、当日お祓いをしている昼間はたとえ父に何があっても神社には連絡をよこさない様にしてもらっていて、父が亡くなった事は夕方まで知らなかったのですが、この事は気のせいかもしれませんが父が亡くなった1時間後の午前10時のお祓い中、祝詞奏上の際に誰かにいきなり背中を押され、お尻をつねられたんです。
そんな事いままで一度も無かった経験です。かなり離れた所にいるいる参拝者の方がつねる訳無いですし、もしかしたら父の魂が病院から亀有に帰ってきたのかもしれません。
これ以上話すと細木さんや江原さんの世界になってしまいますので止めておきますが、父の最期は看取れませんでしたが、僕のお祓いをしている姿を見に魂だけは飛んで来てくれたのかと思うと嬉しいです。

それから先日の節分祭まで、先述したように兎に角無事しっかりと役目を終えるまであまり考えないように駆け抜けてきまして、正直今現在も父が亡くなった事は全く実感出来ないのですが、これから徐々に父の片付けをしながら父との思い出を頭に描いていきたいと思っています。



また、いよいよ本日正式に東京都神社庁より亀有香取神社宮司としての任命式が執り行われます。
おそらく今は日本一頼りない宮司であるとは思いますが、父が守り築きあげ、また亀有の皆様にここまで崇敬されている香取神社を一生懸命道を外れる事無く守り、そして今以上に発展させ、少しでも亀有の発展に繋げていきたいと思っております。

これからは宮司としてこの日記も随時更新してまいります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

とにかく頑張るぞー!!





posted by 香取神社 at 06:09| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

今年も本当にありがとうございました

今年もいよいよ今日が最後となります。

今年は神社も内外と色々ございましたが、皆様のご助力のおかげでなんとか年を越すことができそうです。

本当にありがとうございました。

来年は皆様に甘える事無く、一生懸命頑張ってまいります。

それでは皆様にとって平成19年が素晴らしい年となりますようご祈念申し上げます。





一日は午前零時の太鼓の音とともに初詣が行われます。2時から3時くらいまでは、みこし協議会の皆さんによるお汁粉等の振る舞いがございます。

破魔矢や御守などの授与所については午前0時より通しで午後8時頃まで行う予定です。(2日以降は午前9時から午後5時頃まで)

年頭祈願に関しましては大変申し訳ありません、複雑なスケジュールになってしまいました。。

一日は午後2時より1時間毎に午後5時まで。全4回。
二,三日は午前9時より1時間毎に午後4時まで。全8回。
四日以降は9時半より30分毎に午後3時半まで。全12回、完全予約制。

となります。一日〜三日の祈願ご希望の方は授与所内受付にて受付していただけますようお願い致します。
4日以降は会社のお祓い多い為、完全予約制となります。予めお電話等でご予約いただけますようお願い致します。
posted by 香取神社 at 07:07| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

恒例の亀有みこし協議会主催 焼き芋大会開催

昨日12月10日、毎年師走恒例の亀有みこし協議会さんによる焼き芋大会が行われました。

前日は1日雨模様でしたので開催が心配されましたが、当日雨も止み無事開催となりました。
当日参加される子供たちは朝8時集合なのですが、みこし協議会の皆さんは準備の為、朝5時前から準備されていました。

IMG_2450.JPG
この日の為に毎週境内清掃して集めた落ち葉を燃やしています。

IMG_2453.JPG
なんと300を超える芋をアルミホイルに包んでいます。しかも一本一本特大です。

そしてアルミホイルに包んだ焼き芋を焚き火の中に入れておきます。
IMG_2461.JPG



IMG_2467.JPG
そうこうするうちに8時になり子供たちも集まってきて、境内掃除の開始です。

IMG_2472.JPG

掃除も終わり一人一人に特大の焼き芋とジュースが配られました。100人以上集まってくれた子供たちも大喜びでした。

とにかく今回の焼き芋、本当に特大でとにかく美味しかったです。やはり朝5時前から準備してじっくり焼き芋を焼いてもらったおかげですね!

しかしあまりに美味しすぎてあっという間に食べちゃって、写真を撮るの忘れてました。。撮りたかった。。



こうして無事終了しましたが、参加してくれて境内を一生懸命掃除してくれた子供たち、またお父さんお母さん本当にありがとうございました。
そして今年も亀有みこし協議会の皆さん本当にお疲れ様でした。

自然が減っている現在、子供たちが落ち葉を掃除する機会はなかなかないと思います。そして皆で力を合わせて働いた後に、おいしい焼き芋を食べる。昔の日本ならどこでも当たり前に行われていたことが今は出来ません。参加された子供たちにはとても良い経験になったのではないでしょうか?
(境内も綺麗にしてもらって神社も嬉しいです!)


僕も今後子供たちが皆で楽しみながら勉強出来る場を作っていけたらと思います。





その日の午後、せっかくみんなで掃除してくれたのにあっという間に落ち葉だらけ。。そりゃないよ!
IMG_2488.JPG
IMG_2487.JPG


posted by 香取神社 at 22:20| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

新嘗祭後、アメフトの同期の結婚式に向かいました

前の日記に書かせていただいたように11月23日の新嘗祭が無事納められ、その後急いで僕は大学時代アメリカンフットボール部の同期の結婚式に向かったのでした。

といっても既に夜8時を過ぎていたので、横浜に着いても2次会の後半だろと思っていました。

しかし途中大渋滞にはまり横浜に到着したのが11時になってしまい、僕が到着したのと入れ違いで新郎新婦は酔い潰れ、ホテルで就寝してしまい(就寝かどうかはわかりませんが!!!)結局会うことすら出来ませんでした。。


IMG_2166.JPG

(今ほどデジカメが普及していなかったので、殆どデジカメの写真がありません。もっと撮っておけばよかった。。)

IMG_2251.JPG


これで帰るのは寂し過ぎるので、小田原に住んでいる同期の家に皆で向かいました。

学生時代は小田原に住んでいる同期のオンボロスカイラインに7人詰め込んで(トランクに1人)、よく箱根の温泉に行ってそのまま徹夜で試合に行ったり、学校に行ったりしたもんです。

もう流石にいい大人なので馬鹿騒ぎはしませんでしたが、翌日1人有給を取った同期と箱根に行きました。

IMG_2117.JPG

本当に久しぶりの温泉でしたが、お尻の穴から体内の毒素が全て抜けたと思うくらいスッキリしました。

その後横浜に戻り、ラーメン二郎を食べてのんびりして帰りました。


7884910a.jpg
(これが二郎汁なし。最近知り合いから一食1500cal超えると聞きました。NO−−!知らずに週一回食べてた。。)



よくよく考えると結局新郎新婦には会えず、何しにいったかわからなくなりましたが、箱根の温泉を満喫して横浜で食欲を満たして大満足だったので良しとします。

後で調べたら一日完全に休みだったのが7月から無かったので、約5ヶ月振りの一日完全休日を満喫しました。もうおそらく今年の休みは最後でしょう。



IMG_2163.JPG

(二郎食べてる場合じゃないね、お互い痩せないと。タカイとデコビルは早く結婚しなさい。)

IMG_2194.JPG



(しかし久しぶりに大学時代の写真を見ましたが、不自然なくらい黒いです。当時はこの格好で日焼けオイルを塗って練習してました。(途中皮膚呼吸出来ずに倒れましたが)こんな神主は嫌ですね。。)

IMG_2240.JPG



それでは明日より年末年始の準備が始まります。今年はアリオ、こち亀30周年など亀有が注目されていますので、年末年始は例年以上の参拝者が予想されます。

年末のお焚き上げ、大祓い祭。お正月の初詣、元旦祭、年頭御祈願など、皆さんが混乱の無いよう気持ちよくご参拝できるように頑張ってまいります!

また、随時ホームページにて詳細を載せてまいりますので宜しくお願致します。



posted by 香取神社 at 22:27| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成18年もいよいよ最後の月となりました

今年もいよいよ残り少なくなってまいりました。

先週より気温も下がり始め、夕方からは非常に厳しい寒さになってきてようやく年末を意識するようになりました。

境内の銀杏やケヤキも、今が一番の黄葉の最盛期を迎えています。

IMG_2211.JPG

亀有で四季を感じる事はなかなかありません、是非ご参拝ついでに黄葉を楽しんでください!

IMG_2231.JPG




さて、僕はというと先々週から先週にかけて怒涛のような2週間でした。

18日は前述したように、「こち亀」両さん像の式典がありました。

19日には亀有みこし協議会結成十周年記念式典があり、会場だったテクノプラザ葛飾には約200名の方が出席され、式典の最中にはいなり太鼓、お囃子、木遣、相撲甚句等が披露され大盛り上がりでした。

協議会の幹事の皆さんは今年の年頭より計画され、19日の式典当日まで本当にご苦労なされたそうです。

今年一年間、みこし協議会の皆さんには本当にお世話になりました。(まだまだ最後まで掃除や大晦日などお世話になりますが。。)

今年は神社内外で変化がありすぎて、みこし協議会の皆さんの支えが無ければ僕自身が本当に乗り切れなかったと思います。本当にありがとうございました!

(10周年式典の詳しい詳細は、亀有香取神社HPにございます。)


そして23日には秋の収穫を祝い、神様に感謝する新穀感謝祭(新嘗祭)が執り行われました。

この日も朝から七五三詣に大勢ご参拝いただきましたが、新嘗祭を行うので通常より早めにお祓いの受付を締め切らせていただいた為に、せっかくお越しいただいたのお祓いを止む無くお断りさせていただいた方が数家族様いらっしゃいました。

23日の事は境内掲示板やHPに事前報告していたのですが、もう少しわかりやすく早めにご報告するべきでした。

お子さんにとっては一生に一度の記念日です。。本当に心よりお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。。



新嘗祭が無事お納めすることが出来、その後直会が行われ恒例の「濁酒(どぶろく)」が振舞われました。

濁酒とはもろみを濾し取らないままの濁ったお酒で、甘酒の甘くないお酒といった感じで見た目より飲みやすいです。

いままではギンナンを振舞いたくてもなかなか取ることが出来なかったギンナンも、今年はうまく深夜他の方に取られる前に収穫出来たので、皆さんに振舞うことが出来ました。

直会終了後、再度七五三のお祓いを行った後、役員さんの所へご挨拶を済ませた時は既に夜8時をまわっていましたが、僕は急いで横浜へ向かったのでした!

(長いので次回にします)



こうして12月に入り、ようやく七五三詣が一段落いたしました。

今年はアリオ等の影響で11月後半になっても大勢の七五三のお子さんがご参拝においで下さいました。

これから神社だけでなく日本全体が年末年始に向け慌ただしくなりますが、皆さん今年最後のラストスパートに風邪をひかないようお気を付け下さい!


posted by 香取神社 at 20:56| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

「こち亀」両津勘吉像建立式典と担ぎ納め

IMG_1982.JPG


本日予定通り午前10時に両津勘吉像完成記念式典が執り行われました。

会場となった亀有駅南口駅前ロータリーには朝早くから大勢の方が見物に来られていました。

2月の北口の時は両さん像が駅方向に向いていて、あまりスペースが無く混乱状態に

なりましたが、今回は駅前ロータリー方向を向いていてスペースが広かったのでスムーズに行えました。

IMG_1989.JPG

祭典には亀有地区の有識者の皆さん、秋本治先生、ラサール石井さん等が出席されました。


IMG_2017.JPG

除幕式の様子です。両さん像が見えずらいですが、後日ちゃんとした式典の模様をHPにUPいたします。

IMG_2019.JPG


IMG_2041.JPG

本当はゆっくりとその後の式典などを見ていきたかったのですが、午後から行われる

お神輿巡幸の御魂入れ、そして七五三のご祈願があるのですぐ神社に戻りました。

秋本先生は子供の頃、神社によく遊びに来たりお神輿を担いでいたそうなので、

色々お話したかったのですが残念です。





IMG_2107.JPG

夕方になりお神輿が帰ってきましたが、亀有みこし協議会の皆さんが今年の担ぎ納め

ということで、御魂を抜く前に境内で今年最後のお神輿を楽しまれました。

IMG_2066.JPG

寒くないんでしょうか?
IMG_2100.JPG


亀有みこし協議会の皆さんは、お祭りでは各町会神輿を管理する側なのでなかなか担ぐ

ことが出来ないそうなので、こういう機会には思い切り楽しんでいただきたいです。

各町会バラバラの半纏なので野球のオールスター戦みたいです。

IMG_2104.JPG

これで本年度のお神輿、無事担ぎ納めとなりました。

亀有みこし協議会の皆さんについては色々お世話になりすぎて書ききれないのでまた

後日書かせていただこうと思っていますが、本年度は毎月の早朝境内清掃、夜間境内

警備等、本当にありがとうございました。

明日結成10周年記念式典がありますが、今後更に協力しあって亀有を盛り上げてい

きたいと思います。






posted by 香取神社 at 20:42| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日はいよいよ両さん像建立記念式典です

明日(今日)10時より亀有駅南口交番横にこち亀両さん像がお披露目されます。

僕も明日は除幕式前の清祓いを奉仕させていただきます。


当日の為に体調を整え、今日の晩御飯は気合を入れる為に肉料理だったんですが、

思いっ切り舌を噛みました。

今は腫れて痛くてまともに話せません。。

先日も朝早い仕事で気合を入れたらついつい昼寝をしてしまい、夜寝れなくて結局

徹夜で仕事に行ったり、いつも僕は大一番前にどうしょもないヘマをします。

明日は式典後、とんぼ返りで七五三のご祈願奉仕しなきゃだしどうしよ。

ではチョコラBBを飲んで寝ます。



明日は除幕式以外にもリリオパークで縁日をやったり、各店舗でセールをしたりするようです。

また、抽選でストラップももらえるそうです。

午後一時からはお神輿が出ます。

posted by 香取神社 at 01:34| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

鞴(ふいご)祭

昨日11月8日は鞴祭(ふいごまつり)が執り行われました。

ふいご祭りとは旧暦11月8日に行われる鍛冶屋のお祭りです。

火の神様に安全を祈願することから、鍛冶屋だけでなく火を扱う商売の方の

お祭りとしても行われています。

当香取神社でも現在アリオがある場所が以前日本板紙という紙を扱う会社だ

った関係で、毎年日本板紙の関係会社さんのボイラーをお祓いしています。



ところでアリオさんの「香取神社入り口」前に、宝くじ売り場があります。

その宝くじ屋さん、一日中宝くじの歌を流しているんですがそれが耳から離れません。

もし神社前の宝くじ売り場で当たったら、神社でお参りしたからと言って下さいね。
posted by 香取神社 at 14:22| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

なかなか更新できません

腰のヘルニアや下腹部の病気の他に、ここのところ胃が炭酸を飲んでるかの

ように常にピリピリして、食べ物を食べると嘔吐しそうになります。
(その割には食欲もあり痩せませんが)

そんなこんなで体調が非常に優れずダラダラと書き仕事をしていると、毎日

のように仕事を終えるのが深夜になってしまい、その後日記を書いていると

意識が遠くなり書いている途中で断念してしまいます。

と、とりあえず先に言い訳を言わせていただきましたが、これからなるべく

頻繁に今日の神社の出来事や報告など更新してまいりますのでご了承下さい。



さて、11月に入り始めての日記となりますがいよいよ本格的な七五三シー

ズンとなっています。

本日も本当に大勢の方がご参拝においで下さり、境内には人形の様に可愛い

子供たちで溢れていました。

毎年思うのですが、七五三のお子さんたちは皆非常に行儀が良く、我々神

主・巫女一同本当に感心してしまいます。着物やドレスなど大人でも長時間

着れば疲れる格好で、お祓いの終盤はどうしてもだらけてしまうと思うので

すが、皆ジッと我慢して最後まで真剣に僕たちの話しを聞いてくれています。

また、お祓いの場でもお話しいたしましたが、神社で行われるお祓いは人生

儀礼(通過儀礼)といい、すべて人生の節目に行われる一生に一度の大切な

お祭りです。3歳・7歳の晴れ着は違うものですし、特に5歳・7歳のお子

さんの晴れ着姿は成人式や結婚式まで見る機会が無いかもしれません。

そんな晴れ着姿を神社にて一生の良い思い出として残していただければと思います。
(我々も一生懸命奉仕していきたいと思っています!)




11月の行事として七五三詣の他に、

18日「両津勘吉像建立除幕式」 

19日「亀有みこし協議会結成10周年記念式典」

23日「平成十八年度亀有香取神社新穀感謝祭」

とございます。18日の両さん像除幕式は亀有駅南口交番前で作者の秋本さ

んやラサール石井さん等も出席され、お神輿も出され盛大に行われるそうで

すので、是非皆さんも見に来てください。南口の両さん像は祭りの半纏を着てるそうですよ。



追記:23日の七五三詣は午後より新穀感謝祭が執り行われる為、午前中の

みの受付となりますので予めご了承いただけますようお願い致します。

posted by 香取神社 at 20:47| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

朝日新聞で亀有を特集しています

今週いっぱいだと思うのですが、朝日新聞にて亀有の特集連載が掲載されています。

下町情緒と亀有の過去現在を中心に書かれていまして、香取神社にも先日記

者の方が取材に来られお話をさせていただきました。

亀有の人間味溢れる下町の素晴らしさ、そして現実問題、とても考えさせられる記事となっています。

興味のある方は是非見て下さい。
posted by 香取神社 at 23:25| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

例大祭が終わり一ヶ月が経ちました

IMG_1908.JPG

皆さん初めまして、本日よりブログを開始させていただきます。
(といってもやり方など何がなんだかわからないんですが。。)


タイトルにあるように、今回ホームページ制作にあたり僕自身は全く知識が

なくホームページ自体を毎日のように頻繁に更新する事が出来ないので、こ

のブログにて細かい情報や案内等をお伝えしていこうと思います。


また、当神社のホームページを制作するにあたり、他の神社さんのホームペ

ージのようにただ神社の紹介をするのでは無く、僕の神職としての目標であ

る「神社と氏子が一方通行にならない、お互いが交じりあって何でも話し合

っていける関係」(最初なんで多少カッコつけてる割にはわかりずらいモッ

トーですが)に重点を置いて、いかに亀有香取神社が皆さんに支えられ成り

立っているかをより知ってもらえるよう、なるべく氏子の皆さんにスポット

を当てたものにしていきたいと思っています。



まず始めに9月15〜17日に執り行われました平成18年度香取神社例大祭。

皆様のご協力により無事納める事が出来ました。

本当にありがとう御座いました。

本年度は僕自身初めて1から10まで全て任せていただいたのですが、2年

に1度の本祭ということの他に、アリオ亀有店開店などの周辺環境の変化・

宮司の体調不良・東五会神輿新調など本当に様々な事が重なり、正直なとこ

ろプレッシャーで逃げ出そうかと思う程でした。(そのわりには太りましたが)

しかし身内や関係者の皆様に支えられ、至らない点は多々ありましたが形だ

けは何とか成す事が出来ました。

僕にとって神職としても人間としても、あまりにも大きすぎる経験となりました。

本当に皆さんには感謝してもしきれない程です。本当に本当に有難う御座いました!!

来年は更に盛り上がり、亀有がもっともっと活気づくように頑張っていきたいと思います!
posted by 香取神社 at 21:20| 宮司日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。