タイトルにございますように「こち亀」で有名な葛飾区亀有に鎮座する香取神社の公式ブログです。
我々ではホームページを更新できませんので、
このブログにて亀有香取神社の日々のちょっとした出来事、
細かなご報告ご案内等を更新していきたいと思います。
たまに神主や巫女の私事も書く事がございますが、
そこはもっと我々神主巫女をみじかに感じて頂きたく、何卒ご理解下さいませ。
現在は神主5人、巫女2人、事務方2人の8人体制でランダムに更新しております。


現在当亀有香取神社では公式Facebookを開設しております。
ブログではなかなか更新しきれない細かなご報告や写真など随時更新しておりますので、
是非ご覧下さい!
↓↓↓↓↓↓↓
亀有香取神社公式Facebook




2016年08月26日

【再掲】平成28年度例大祭ポスター

【例大祭ポスターが完成しました】
以前6月にも例大祭ポスターについて投稿しましたが、そのポスターが遂に完成致しました。
5月ごろから制作に取り掛かり、2か月程掛かりましたがようやく完成致しました。この間に修正に修正を重ね、やっと形にすることができました。このポスターが例大祭を盛り上げる一助になれば幸いです。
皆様方の家前店前、またSNSブログ等でご掲示頂けば嬉しく思います。
ポスターやデータをご希望の方は社頭にてお渡ししております。
個人様でも構いません。神主、職員にお声がけ下さい。
祭礼までいよいよ約3週間、皆さんで盛り上げていきましょう!

安村本jpg.jpg
posted by 香取神社 at 10:58| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

世界にはばたくキャプテン翼

8月21日、リオデジャネイロオリンピックの閉会式が行われ、17日間のスポーツの祭典が幕を閉じました。

激闘を繰り広げ、感動と興奮を与えてくれた選手達には賛辞を贈りたいですね。


さて、21日の閉会式において2020年の東京オリンピックへの引き継ぎ式が行われ、日本の安倍総理大臣が人気ゲームのキャラクターのコスプレをして話題になりました。

その引き継ぎ式で流れたVTRの中で『キャプテン翼』の主人公大空翼君が登場しました。

『キャプテン翼』は、日本が世界に誇るスポ根漫画で、現在ヨーロッパや世界で活躍している多くのサッカー選手に影響を与えたと言われています。


ご存知の方もいるかと思いますが、『キャプテン翼』の作者である高橋陽一先生は葛飾区の出身で、そのご縁もあり、当社にはキャプテン翼とコラボした絵馬やサッカーゴールを模した絵馬掛けがございます。

image-01d01.jpg

また、葛飾区には翼君が所属していたチームをモデルにした南葛SCというサッカーチームがあり、葛飾区からJリーグ参戦を目指しております。ちなみにこのチームの後援会会長は高橋陽一先生です。


当社の御祭神は勝負事や足腰健康の神様です。

何か勝負事がある方やスポーツをされている方は、ぜひ当社にお越しいただきキャプテン翼の絵馬に願いを込めてみてはいかがですか。
posted by 香取神社 at 13:52| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

メディア紹介

今月21日に発売した散歩の達人2016年9月号(交通新聞社)は柴又・金町・亀有特集です。
散歩の達人 2016年 09 月号 [雑誌] -
散歩の達人 2016年 09 月号 [雑誌] -
当亀有香取神社も例大祭とこち亀の2コーナーで取り上げて頂きました。

IMG_3567.JPG

寺社仏閣の他に下町の美味し処や名所などが掲載されていますので、是非ご一読ください。



posted by 香取神社 at 16:22| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

赤ちゃんの人生儀礼

akatyann.png
赤ちゃんは生まれた後「産湯」に浸かり、生後七日目には「お七夜」として命名を行い、初めて産着に袖を通します。
(産湯:産土さま(生まれた土地の神様)がお守りする土地の水の事で、赤ちゃんを清めて生命の発展を祈ります)

生後約一ヶ月に「お宮参り(初宮詣)」をします。
(男児は生後31又は32日目、女児は生後33日目)
お宮参りは氏神さまに誕生のご奉告と感謝をし、そして健やかな成長を願います。
お宮参りを済ませる事で新しい氏子として認められ、氏神さまの祝福をいただきます。
現在ではお参りの日付はあくまで目安なので、お母さんや赤ちゃんのご体調に合わせて良い日を選んでお参り下さい。

生後百日を過ぎると「お食い初め」を行います。
(食べ物に困らないようにと願い、お膳を用意し食べる真似事をする行事です)
「お食い初め」の作法はその地域によって様々です。
当神社の場合は境内の社殿に近い玉砂利の中から、お好みの石を「歯固めの石」としてお選びいただきます。
終わりましたら感謝の気持ちを込めて、元の場所にお戻しください。

posted by 香取神社 at 17:17| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

戌の日の安産祈願

【8月20日は「戌の日」です】
犬のお産が軽いという事にあやかり、戌の日には安産祈願を行う慣わしがあります。

亀有香取神社では予約無しでも受付をしております。
また、ご予約も承っておりますので、お時間がお決まりでしたら電話でのご予約をオススメしております。

【03-3601-1418】亀有香取神社社務所(9:00〜18:00)

※安産祈願は常時承っており、戌の日に絶対に行わなければならないという事はありません。
ご家族様の都合や「何よりも体調」を優先してお参り下さい。

安産絵馬もご用意
posted by 香取神社 at 09:00| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

勝負の神様

8月5日、4年に1度のスポーツの祭典リオデジャネイロオリンピックが開幕しました。
開幕して丁度1週間が経ち、日本時間12日のお昼現在で日本のメダルは22個と素晴らしい成績を残していて、選手達を大変誇らしく感じますね。
このブログを書いている最中も、速報でメダル獲得のニュースが流れてきます。
特に今回は数年ぶりのメダルや日本人初といった特別なメダル獲得が多いように感じます。

さて話は変わりますが、当亀有香取神社は武道や勝負事の神様をお祀りしています。
そのため当社社殿向かって右手にございます絵馬掛けに掛かっている絵馬をのぞくと、リオ五輪のことも然り、スポーツの大会や競技会でいい成績を残せますようにと書いてある絵馬を多く見かけます。
この時期は夏の風物詩である高校野球もありますし、スポーツをやられている方は大会が多いのではないでしょうか。
そのような方々はぜひ神社にお参り頂き、日頃見守り頂いている事を感謝し、大会本番で日頃の力が存分に発揮できるようお祈りしてみるのもいいのではないでしょうか。

はれもよう
posted by 香取神社 at 11:36| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

入船・出船

参拝者の方からの質問で、
「靴の脱ぎ方は、一般の方と神社とでは違いがあるんですか?」
というものがありました。

靴の揃え方にも名前があります。

爪先を上り口に向けてそろえるのは「入船」、
爪先を戸口に向けて揃えるのは「出船
と呼びます。
入船・出船.JPG
一般的には、写真左の「出船」の形に揃えるのがマナーです。
「入船」で脱いで、それから後ろを向いて「出船」に揃えます。


しかし、神社界では写真右の「入船」がマナーとなります。
というのも、御神前から下がる際は一礼して一歩後退します。その際に、履物が「入船」の方が神前に背中を向けずに雪駄を履くことができるのです。

また、神社によってはその神社特有の脱ぎ方があり、当神社の脱ぎ方は正中に爪先を斜めに向ける脱ぎ方となります。
入船.JPG
posted by 香取神社 at 18:11| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

マリーゴールドとサルビア

先月、亀青小学校の生徒さんから頂いたマリーゴールドとサルビアが咲きそろいました。
本日は東京は30度を超える酷暑となり、外は汗が止まらない程の日ですが、花は元気よく咲いて、少し力を分けてもらったように感じました。

どうか、皆様は熱中症など体調管理にお気を付け下さい。DSC_8187.JPG
posted by 香取神社 at 15:16| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

万葉集とうなぎ

お暑うございます。本日は土用の丑の日でございます。
暦では、立秋の前の18日間を夏の土用と称しまして、
その18日間のうち丑の日にあたるのが本日7月30日でございます。
ちなみに今年は8月7日に立秋を迎えます。暦のうえでのこととはいえ、早いですね。
既にご存知の方が多いかとは思いますが、立秋以降は暑中ではなく残暑お見舞いを差し上げる慣わしです。

さて、この夏の土用の丑の日には鰻を食べるのもまた日本の風習となっています。
日本人はいつから鰻を食べていたのでしょう?
実は、少なくとも今から1200年ぐらい遡ることができるのです……驚きです!
神道の信仰を研究するうえで必須の古典である『万葉集』……8世紀末頃成立したとされる最古の和歌集ですが、
そちらに鰻にまつわる和歌が収録されています。

「石麻呂(いはまろ)に 吾(あ)れ物申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)とり食(め)せ」
<巻16−3853 大伴家持>

現代語訳:石麻呂さんに、私が提案致しましょう。夏痩せにいいそうだから、鰻を召し上がったらいかがですか。
石麻呂さんというのは、食べても食べても肉のつかない、ガリガリの痩身の人だったということです。
ずいぶん昔から、滋養によいとされていたのですね!
posted by 香取神社 at 18:05| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

ポケモンGO

最近社会現象になりつつある『ポケモンGO』。
当社の境内には、ゲーム内でアイテムが貰えたり特定のアイテムを使うことでポケモンが捕まえやすくなる「ポケストップ」というスポットが4か所あります。そのため連日、ポケモンマスターを目指す多くの方々が当社を訪れます。
どんな形であれ、境内が多くの人々で賑わうのは私達も嬉しいですし、何より神様もお喜びになっているのではないでしょうか。
しかしそのような方々の多くは、ポケストップに一直線に向かい、用事が済むとそのまま帰ってしまいます。
これでは私達も少し寂しいですし、神様も悲しんでしまわれると思います。
ポケモンGOをプレイされるのもよろしいのですが、ぜひ一度社殿に向かい、神様にご挨拶をしてみて下さい。神様もお喜びになり、もしかしたら珍しいポケモンをプレゼントして下さるかもしれません。
また、当社を訪れる方々の中には純粋にお参りにいらっしゃる方もいます。ポケモンマスターを目指す方々には、ぜひそのような方々の迷惑にならないように楽しんで頂きたいと思います。

ポケモンGOをプレイされる方々は色々な場所に行かれると思います。そのような所でポケモンの世界を疑似体験出来るのは素晴らしいと思います。しかし、ポケモンを求めて行った先々の現実の世界もぜひ見てみて下さい。現実の世界にも、ポケモンの世界に負けないくらい素敵な出会いや発見が隠れているかもしれませんよ。
posted by 香取神社 at 18:04| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

当社の御由緒書き

社頭にてよく尋ねられますのが「こちらの神社について記したパンフレットはありますか?」というご質問です。
当社ではパンフレットはご用意しておりませんが、
代わりに、授与品をお入れする封筒の裏に御祭神・御由緒等について記してございます。
当社の住所と電話番号も記載しておりますので、
御祈願のお申込み、各種お問合せ、所在地のご確認の際にも参照いただければと思います。

本日は足立の花火が開催予定ですが、葛飾納涼花火大会もいよいよ3日後の26日と迫っていますね!
本年は50回の記念ということで昨年より打ち上げ数が増えたとのことです。
楽しみですね。お天気が良い事を祈りましょう。

IMG_2257.JPG
posted by 香取神社 at 14:55| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

ご祈祷の記念品〜開運厄除〜

当亀有香取神社ではお宮参りや厄除けなどの祈願を行っており、その際に記念の品をお渡ししております。以前のブログにおいて、お宮参りの記念品をご紹介致しまして、今回は開運厄除祈願の記念品をご紹介致します。
記念品の中身は、厄除けの大きい木札のお守りが写真の3体の中から1体、小さいお守り、絵馬、お菓子となっています。
DSC_6627.JPG
この中でも小さいお守りは巫女や神主による手作りになっていて(主に巫女)、1対1体丁寧に心を込めながら作っております。開運厄除祈願を受けたいと考えている方は、今後何事も無く平穏無事に過ごせますように御祈願頂きたいと思います。
当社では特別な行事の時以外常時ご祈祷の受付を行っております。何かご不明な点がございましたら、当社のHPをご覧頂くか、直接お電話下さい。

亀有香取神社HP
http://kameari-katorijinja.com/
電話番号
03-3601-1418
posted by 香取神社 at 16:03| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

蕾がつきました

先日亀青小学校から頂いたマリーゴールドに遂に蕾がつきました。
サルビアは咲くための力を溜めているのかあまり成長は見られませんでしたが、開花が楽しみです。
毎日暑いですが花はすくすく成長しております。

シーザーブログ用.jpg
posted by 香取神社 at 15:37| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

ベルト型お守り

こんにちは!
本日は、当社の授与品のなかから交通安全お守り(ベルト型)をご紹介します。
こちらはよくある細い紐のタイプではなく、お守り本体を任意の箇所に付ける仕様となっています。
二種類ございまして、ひとつはプラスチックの部品で着脱可能なタイプ、もうひとつは穴に通すタイプです。
前者のみ、赤(和柄)、ピンク(無地)、オレンジ、黄緑、白(以上シルバードット)の5色の中からお選びいただけます。
よく、「これは腕に付けるのですか?」と尋ねられるのですが、恐れながらこちらは腕に付けるものではございません。
自転車、バイク、ランドセルその他鞄、杖などにお付け下さい。
ある程度の太さの棒状の物に対応可能、ビニール素材、ぶらさがらずコンパクトという特徴を持つゆえに、
紐タイプのお守りよりも付けられる箇所の選択肢が広がります。
また、鍵を束ねるキーリングとしてもお使いいただけます。
紐タイプのお守りを車のハンドル脇のウィンカースイッチやウォッシャースイッチに下げている方もいらっしゃるかもしれませんが、
こちらのベルト型をハンドルに付けた場合、紐と違って何かの拍子に引っ掛ける恐れが少ないかと思います。
社頭にお参りの際にどうぞお手に取ってご覧になってください!

IMG_2224.JPG
posted by 香取神社 at 16:46| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

【香取神社の香取について】

【香取神社の香取について】

時折参拝者の方から「香取真吾さんがここでロケをしたから香取神社って言うんですか?」と聞かれることがございます。
(冗談の方もいれば、本気の方もいます)

ですので、今回は香取神社の「香取」についてお話をします。

関東に香取神社はたくさんありますが、その本宮は香取神宮です。
亀有香取神社は千葉県香取市香取に鎮座します香取神宮から、1276年(健治二年)に御霊を分けていただいて鎮守様としてお祀りしてまいりました。
そして今年で亀有香取神社は鎮座740年になります。
今年は本祭で、例大祭は9月16・17・18日の三日間です。

なぜ香取神宮に御霊を分けていただいたのかというと、当時亀有の地は香取神宮の神領地であり神前に供える食べ物を育てていたためです。

何故「香取」という名前なのかというと。
諸説ありますが、
『日本国史大辞典』三巻に、香取神宮の説明として
古代の地形では東国の東端、大河の河口に近く、湖と入江が多く、しかも大洋に臨む地にあって、(略)
とあります。
海.jpg
そして、
『日本書紀』巻第二 神代の下に、
「此の神、今東国(あづま)の檝取(かとり)の地に在す」
とあります。

つまり「かとり」は船の「かじとり」がつまった語で、航行を司るところにありました。
海上守護の神として信仰されているのもそのためです。

香取神宮の『神宮』の称号は、明治以前には伊勢・香取・鹿島のみでした。
ですので、香取という名前は古くからあったのです。
posted by 香取神社 at 09:23| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

夏の花

今日もうだるような暑さが続き、今から夏バテしそうな天気です。
さて、先日、亀青小学校の生徒さんからマリーゴールドとサルビアの鉢植を届けていだきました。
サルビアは一部咲いていますが、満開はもう少し先の様です。花が咲きそろったらまた写真を載せたいと思います。

DSC_7855.JPG
posted by 香取神社 at 13:00| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

猿田毘古神

久しぶりの雨の日となっている東京ですが、雨が降っているさなかも境内の木では蝉が元気よく鳴いておりました。
ところで、本日は 猿田毘古神(さるたびこのかみ)についてご紹介します。

なぜこのお話かといいますと、当社にも大変関わりのある神様でいらっしゃるためです。
先日、当社境内の道祖神社についてご紹介しましたが、そちらの御祭神は岐大神(くなどのおおかみ)とされています。
道祖神とは、民俗信仰の一種であり、境界を守護し行き交いの災いを防いでくださるよう人々が祈りを捧げてきた神様ですが、
道祖神と岐大神、そして猿田毘古神は同一視されることがあります。
というのも、岐大神と猿田毘古神もまた道中の安全を司る神様と信じられているからです。

はるか昔、神代(かみよ)の頃に、天照大御神の孫である邇邇芸命(ににぎのみこと)が
地上を治めるために天上の高天原(たかまのはら)から降りて来られました。
猿田毘古神はもともと地上にいた神様でしたが、天孫が降られることを知って天上のすぐそばまでお迎えにあがり、
道中をご先導申し上げたのでした。

猿田毘古神は伊勢の国(現在の三重県)の土着の神様といわれています。
この神様をお祀りする神社として大変有名なのが、伊勢の神宮のすぐ目の前に鎮座する猿田彦神社です。
つい先日、アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさんが結婚式を挙げていらっしゃいましたね!

DSC_7844.jpg
↑猿に関連して、社務所窓口の猿くんです。
posted by 香取神社 at 17:51| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

スプーン一杯の蜂蜜

七月に入り、最近では気温もぐんぐん上がり、夏が到来したのだと強く感じる今日この頃。
関東ではダムの貯水率も下がり水不足の心配もありますね。

さて、突然ですが、皆さんは蜂蜜はお好きでしょうか。

一匹のミツバチが一生のあいだに集める蜂蜜の量はわずかスプーン一杯程度とのことです。
つまり、お店で売られている蜂蜜のビン一本に多くの蜂の労力が詰め込まれているわけです。

ダムの水も同じで、一滴一滴の雨粒が山をつたい、ダムに集まり、そして私達の生活の水として
供給されます。

普段何気なく我々がみているものはその裏で様々な課程、労力によって支えられています。
そんな裏側に思いを馳せてみるのも時にはいいかもしれませんね。


a7c0d46ad60b363e730e25a72b284d6d_s.jpg
posted by 香取神社 at 18:24| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

涼しさを阻むモノ

ようやく梅雨らしい天気が続くようになったこの頃です。
本日は湿度が高いうえに気温も高く、とても蒸し暑く感じられます。
この蒸し暑さを体感すると、日本の夏だなぁという気がしますね。
ところで、神職の格好は厳しい日本の夏の暑さのなかにあってどのような着心地なのか?
という疑問をお持ちの方もひょっとしたらいらっしゃるかもしれないので、そのお話をします。

着物というのは日本の気候に沿うような造りになっているはずだから、夏も涼しいのでは?と思うかもしれませんが……
ずばり、暑いです!!
確かに、袂(たもと)がゆったりと開いているので、そこを風が吹き抜けた時などは若干涼しく感じますね。
しかし、涼しさを感じることを根本的に阻む存在があるのです。それは……袴です!
浴衣や着流しであれば涼しいのでしょうが……
厚手の素材で背中から腰のあたりをぎゅっと締めて、そこから下を覆ってしまうのですからそれはそれは暑いです。
代わりに襦袢や衣を麻などの夏用素材に変えるというささやかな努力をするのですが、大差はありません。。。

ちなみに袴は、勤続年数や実績で色や紋様が異なるほか、男性神職・女性神職・巫女とで形状や結び方も異なっています。
本日は袴の豆知識でした。
posted by 香取神社 at 17:18| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

ご祈祷の記念品〜お宮参り〜

当亀有香取神社では安産祈願やお宮参り、厄除祈願等の人生儀礼のご祈祷を行っております。その際にご祈祷を受けられた記念としてお祝いの品をご用意しております。今回はその中から、お宮参りの記念の品をご紹介します。
お宮参りの記念品は、お菓子、壺型の御守、絵馬、よだれかけ、車に貼るステッカーの計5つを合せたセットになっております。
お宮参りセット.jpg
特にこの中でもよだれかけとステッカーは好評で、ご祈祷を受けられていない方でも欲しいという声を聞きますが、申し訳ありませんが絵馬以外の品はご祈祷を受けられた方のみのお渡しとさせて頂いております。
ぜひお宮参りをお受けになり、お子様がお生まれになったことを神様に感謝、ご奉告を行い、更なる成長をご祈願して頂きたいと思います。
当社では特別な行事の時以外常時ご祈祷の受付を行っております。何かご不明な点がございましたら、当社のHPをご覧頂くか、直接お電話下さい。

亀有香取神社HP
http://kameari-katorijinja.com/
電話番号
03-3601-1418
posted by 香取神社 at 11:44| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

健脚守

先週末に続き、この週末も真夏の様に暑い晴れの日となっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
暑さに慣れていないこの時期は熱中症の対策も万全を期さないといけませんね。
水分・塩分のこまめな補給や帽子・日傘の活用などを心がけましょう。

さて、本日は当社の「健脚守」についてお話しします。
当社では脚の健康を祈願する御守を4種類頒布しております。
こちらの御守は当社の授与品の中でも大変人気があるのですが、なかには脚の御守を扱っている神社を事前に探してからこちらにいらした、という方も…。
最近はフィギュアスケートの羽生結弦選手のファンの方も(羽生選手の快癒祈願に)いらっしゃっているようなのですが…?
考えてみると、健脚に特化した御守はどこの神社にもあるというわけではないかもしれません。

実は当社で頒布している健脚守は、香取神社ではなく、当社の境内にある「道祖神社」の御守なのでございます。
「道祖神」とは、古来より民俗信仰のひとつとして様々な地域で信仰を集めてきた神様です。
境界や道を守護し、災厄を遠ざけると信じられ、多くは村境や辻に石碑の形で祀られてきました。
旅人たちはそういった所の道祖神にご挨拶をして通ったといいます。
そのように道中の無事を祈る旅人の神でもあったことから、
足腰の健康や交通安全を司る神として信仰されてもいるのですね。
IMG_2188.JPG

IMG_2186.JPG
posted by 香取神社 at 17:32| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

天を指す両さん像

皆さんは当香取神社境内に「こち亀」の主人公である両さんの銅像が建っているのを御存じですか?
一度当社にお越しいただいたことのある人なら目にしたことがあるかもしれません。これは亀有町内に10体以上ある両さん像の中のひとつです。
話は変わりますが、最近多くの台湾人の参拝客にお越しいただき、両さん像と一緒に写真を撮っている光景を目にします。というのも、今台湾では「こち亀」のアニメが放送されていて、大変人気があるそうです。その影響もあり、観光でここ亀有に多くの台湾人が訪れているのです。
今年は「こち亀」の連載が始まって40周年にあたる年です。これを記念して「こち亀」の舞台化もあるそうで、これからまた「こち亀」を通して亀有が盛り上がってくるかもしれないですね。
皆さんもぜひ当香取神社にお越しいただき、亀有が生んだスーパースター両さんと写真を撮ってみるのもいかがですか?
IMG_0253.JPG
posted by 香取神社 at 14:21| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

お祓いの用具 大麻(おおぬさ)

今日は朝から雨が降り、梅雨の季節が到来しました。

さて、本日は神主が神事に用いる道具について紹介したいと思います。
神社の神主と聞いてよくイメージされるのが棒のようなものを持って、左右とばさばさと振っているものでしょう。

その棒の事を大麻(おおぬさ)と呼びます。大麻は神事の際に、参列者や神様への捧げ物を神主が左・右・左と振ってお祓いお清めします。

当神社の大麻は木製の棒に沢山の紙垂(しで)を麻で縛ります。
また、榊の枝に同じく紙垂をを取り付けた大麻もあります。
DSC_7174.jpg
posted by 香取神社 at 15:42| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

梅雨の晴れ間

こんにちは。昨日今日と素晴しいお天気に恵まれていますね。
梅雨の合間の晴れというのは、真夏と変わらない厳しい陽射しが注ぐので肌が痛く感じられるほどです。
「五月晴れ」という言葉も、元々はこの梅雨の晴れ間を指すものでした。
明治時代になってほどなく陰暦から陽暦に変わったため、ずれてしまいましたが…

さて、こんな季節にまさにぴったりの和歌がございます。


 かぎりなくたち重りし雨雲も晴るれば晴るゝみなづきの空(昭憲皇太后)


まさに今日の様な梅雨の晴れ間について詠っています。
曇天、また雨天の続く梅雨の時期ですが、いったん晴れるとなると見事な快晴になるものだ、という趣旨です。
水無月とあるのは、これをお詠みになったときは既に新暦の制度になっていたためですね。
明治天皇のお后の昭憲皇太后さまは、生涯に約3万首もの和歌をお詠みになりました。
ちなみに明治天皇さまはなんと約9万3千首もお詠みになっています。

本日も暑い中、多くの方に御参拝・御祈願にお越しいただいております。
境内の木々も夏に向けて緑が濃くなってきました。
週末の息抜きに、また、お出掛けのついでに、神社にふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
DSC_7076使用.jpg
posted by 香取神社 at 12:16| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

梅雨の季節ですね

平成28年も6月に入り、これから梅雨の季節でございます。
最近雨の日も心なしか増えているような気がします。昨日も午前中は雨が降っていましたが、戌の日ということもありまして、ご夫婦での参拝の方など多くの参拝者の方々がお越しになりました。

さて、本日6月10日は「入梅」でございます。これは暦の上で梅雨に入ったことを指します。
今の暦では、太陽の黄経が80度になる日を入梅としています。
対義語は出梅と言いますが、これは日本ではほとんど使われないようです。そう言われるとあまり馴染みがない言葉ですね。

これからどんどん雨の日が増えてくるかと思われます。気温の変化もあると思われるのでご体調には一層お気を付け下さい。
posted by 香取神社 at 09:00| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

【神社の御守(裏)】

【神社の御守(裏)】
ご参拝の方が御守を受けられる際、「亀有香取神社の社名が入った御守を下さい」と聞かれることがあります。

当神社の織型の御守は表面ではなく、裏面に社名が入っております。
見本の写真は今まで表面しか映していませんでした。
そこで今回は、普段お見せしていない裏面もご紹介します。


勝守
勝守.jpg

開運厄除
開運厄除.jpg

巾着型
巾着.jpg

安産守
安産.jpg

健康御守
健康.jpg
posted by 香取神社 at 11:04| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

例大祭ポスター制作中

6月に入り、いよいよ梅雨入りが迫ってきました。
さて、当神社では毎年9月に例大祭が盛大に執り行われますが、そのお祭りを盛り上げるために、毎年例大祭のポスターを制作しています。
近年では神主がパソコンを駆使し自作をしております。完成はまだ先ですが、お祭りの際にはポスターに少々気にかけていただければと思います。
H28例祭ポスタ作成中.JPG
posted by 香取神社 at 17:21| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

香取神社の周辺地図

時折、「亀有香取神社への行き方」の問い合わせがあります。

当社のホームページ「交通アクセス」欄(http://kameari-katorijinja.com/map.html)にも記載がありますが、以下のサイトの地図も非常にわかりやすかったので、URLを載せておきます。
是非参考にして下さい。

時々、江東区の亀戸香取神社葛飾区の亀有香取神社を間違えてしまう方がおられます。
当神社は葛飾区の亀有香取神社ですので、お間違えないようお気を付けください。

もし間違えて亀戸に行ってしまった場合、
亀戸駅のJR中央総武線に乗って新小岩駅まで行って、
そこから京成タウンバス「新小52または新小53」の亀有駅行に乗っていただくと亀有駅まで着きます。
※他の行き方もあります。

お参りをお待ちしております。


◎香取神社周辺地図クリックするとそのページにとびます。
Googleマップ

Yahoo地図

Mapion(マピオン)

NAVITIME(ナビタイム)
posted by 香取神社 at 10:02| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

【虹始めてあらわる】


本日はあいにくの雨で肌寒いですが、近頃ようやく暖かくなってまいりました。
明日は72侯の1つ「虹始めてあらわる」となります。
暖かさが増して、雪ではなく雨が降り、雨上がりに虹がかかり始める季節を意味します。
(初虹は春の季語としても使われています)
これから暖かくなっていく事を意味しますが、昨日今日と少々肌寒く寒暖差がありますので、皆様方は体調にお気を付け下さい。

DSC_5802.jpg
posted by 香取神社 at 12:19| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

茅の輪くぐりと夏越大祓式

半年の間に知らず知らずのうちに溜まった疲れや穢れを心身共に祓い清め、
無病息災を祈る神事、夏越大祓式 及び 茅の輪くぐり が6月30日に執り行われます。
HAM_6828.jpg
大祓式は形代と云われる人の形をした紙に自分又は家族の氏名と年齢を書きいれ、自らの身代わりとして大祓式当日に祓い清められます。

又、茅の輪くぐりは平安時代の延喜式にも記述があるように、古より重要な神事として全国の神社で6月と12月の2回行われています。
茅の輪くぐりのくぐり方は健康を祈念しながら1度くぐるだけでも結構ですが、正式には[左回り→右回り→左回り] と8の字に3度くぐる。とされています。

当神社の茅の輪くぐり神事は、例年8月のお盆頃まで設置しております。

この神事をもっていよいよ夏本番を迎えますが、茅の輪をくぐり心身共に清らかなお気持ちでご参拝下さい。
posted by 香取神社 at 17:22| 神主日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。